海について

謎が一杯!海

どうして深海魚が生息している海の底には酸素があるのでしょう?

表面の嵐で起きる波や雨の効果で溶け込む酸素は、
上層にとどまります。不思議不思議。

コイなどを飼っていて水槽内の酸素が無くなってくると、
アップアップ(鼻あげ)をします。
しかし、海水魚は水槽内でアップアップをしません。

何故でしょうか?
海には豊富な酸素があるために、
アップアップをして酸素を補給する習性が無いのですね。

陸水と違って豊富な生態系を持つ海。
その海の不思議を簡単に解説します。


世界最大の動物、25m150トン以上のシロナガスクジラが居る海。
生命に満ち溢れています。

その生命を支えているエサがオキアミ
両極から赤道まで温度差おかまいなしで
幅広く住んでいるのが特に重要なポイント。

約85種類。

海釣りをする方にはお馴染み。エビではなく…

←筆者の手と魚のエサにするオキアミ・フリーズドライ。

冷凍乾燥製品、フリーズドライ
カップラーメンの具などに利用されている製法です。

一見するとエビに見えますが、巨大プランクトンです。
これがいることで、湖などとは比較にならない
豊富な生態系を海は持ちます。

特に南極オキアミは6cmにもなります。

オキアミが居なくなれば、クジラなどの巨大生物も生きていけない!

「どうして大きな生き物は湖に居ないの?」とお子様に聞かれたら、
湖の酸素のこととオキアミのことを言えば分かりやすいじゃ無いでしょうか。

←シロナガス。魚ではなく哺乳類だ。

クジラの体重はどうやって測るの?

シロナガスは世界最大記録体長33.58m、体重が約190〜200トンとされています。

体をいっぺんにハカリに乗せることが出来ないので、肉塊を切ってそれぞれを計り、
流出して損じた血やリンパ液などを5〜6%として差し引いて導き出します。


前白

人類は昔から冒険が好きで、様々な地域に旅立っていきました。
その先には、金銀財宝が眠り、住んでいる場所よりもずっと裕福な大陸があり、
未知の美味しい食物が豊富に有る…と夢見ていました。(美女とかもいて…)

人類の他の動物と違う筆頭に、「知識・知恵の共有」があります。
一人が発見した知識や知恵は、文字などで他の人々にも伝えられ、
共有できるわけです。

昔の数々の冒険は書籍にされ、現代にまで残って、その冒険を伝えてくれます。

今ではネットがその知識・知恵の共有の第一手段になりつつありますが、
情報が正しいか正しくないかの判断がそれを読む読者だけの為に
間違った情報が広がる危険性も多々有ります。

それにしても、ああ、冒険…。なんて夢がある響きだろう〜(遠い目)。

ところで、公の資料で「この年月日に発見された」とされているものでも、
海賊などが、もっと前から知っていた事が多い場合もありました。

特に個人に有益な発見は、彼らの秘密の情報として
一族や仲間にだけ伝えられるケースとなるのが普通だったからです。


さぁ、冒険へ出よう!大航海時代

大航海時代って、侵略がうんたら、植民地がうんたらと…
世界を求めるのに一番力が入った時代です。

海賊をはじめ、国(政府)としても。

外の世界を求めた最も大きい理由は、コショウなどの香辛料でした。

コショウの産地はインド。ヨーロッパでは一粒も取れませんでした。
2千年前のローマ帝国がコショウを教えてくれたといいますか、
発見したそうなのです。

が!このローマ帝国が倒れるとコショウが入らなくなったヨーロッパの人々は
困ってしまいました。

アラビヤやトルコなどのイスラム教徒の国々に邪魔され、
それじゃぁ、自分たちで直接取りにインドへ行くべと
直接船に乗ってチャレンジしたのです。

コロンブスは西、ディアスとガマは南、カボットは北…
インドへの海路がどう繋がっているのか判らないころですから凄いですねぇ。

ディアスが喜望峰を1488年に発見、
40年後の1528年にはマゼランが世界一周をやり遂げたっちゅうことですね。

アメリカのインディアンはアメリカ大陸を発見したときの
西洋側の勝手につけた呼び名です。

現地の人々にとっては「オヒオヒ、勝手に呼ぶなよぉ」ってところでしょう。
だって、アメリカ大陸を発見した西洋人が勝手にインドと間違えたから起きたのです。

もしも、日本をインドと間違えて発見されていたら、
私たちもインディアンと呼ばれていても可笑しくなかった訳です。

ようするに、私たちが勉強をしている歴史的書物とかは西洋側の
一方的な資料が多い
ということも頭に入れておかねばなりませんネ。

現在は、インデアンという呼び方は「いけない」ということになり、
「ネイティブアメリカン」と呼ばれています。

さて、大陸などの地表の冒険は多く歴史も古いのに、
深海の調査の歴史は大変浅く、現代でも進行中です。

深海の冒険に力が入らなかった理由は、金銀財宝があるわけでもなく、
綺麗なお姉ちゃんが居るわけでもなかったからでしょう(キッパリ)。←正しくない情報…

ゆえに謎が多く、いまだに解明されていない事が多い。

↓昔の世界観。(NEWTON PRESSより)

旧約聖書からの流れでは、世界は平坦。下はそれの地図です。
風は神が吹いて起しています。

一方、地表のくぼみに水が溜まっているとした地球観は
アリストテレスの紀元前からありましたが、
科学の暗黒時代にキッパリと否定され、
正確な知識が復活するまで長い期間を要しました。



↓昔・初期の潜水服。

ホースでつないだだけでは5mでも自力では呼吸できなくて1mでも苦しい現実。
それで船上ではシュポシュポと空気をポンプで送る船乗り達が居ました。
それでも50mを超える深さでは、どう頑張っても呼吸が出来なかったらしいです。

で空気中に含まれている窒素ですが、30mを超える深さでは窒素酔いを起すので
他の気体(ヘリウム)を混ぜなければいけませんでした。

←自力で呼吸できない深さが潜水病を作った…。

海の調査歴史と科学

金銀財宝が無い深海の調査は、富を得るための”商用目的”の時代になると、
やはり、急激な発展を始めます。

商用利用というのは、ヨーロッパ〜アメリカ間を繋ぐ電話線の拡張工事です。
切れたケーブルの交換などで、同じ海域を何回も往復して「ここは以前に探したぞ」とか
「おいおい、山の頂点を今まで海底としていたみたいだゾ」と詳しい地図が作られて行きました。

1840年ごろより始まった電話線通信網は、やがて欧米を繋ぐ計画まで発展しました。
蒸気機関の発明によって、船を動かすと同時に海底の調査の為の機械類も動かせる様に
なったので、更に発展しました。(歴史の教科書みたいだ…)

大まかに、1850年ごろまでは550m(一説には700m)以上の深さには
生物は住んでいないと言われてきました。たった、150年前です。

それは、権威有る学者の調査で、深くなればなるほど、その深度550mになるまでに
魚が徐々に減って行っていた結論からです。
(EX:エドワード・フォーブスのイギリス国籍ビーコン号の調査)

たとえ水深測定用のケーブルが深度2000mに沈んでいて、そのケーブルに
ヒトデやフジツボがくっついていても、学者達は長期間その存在を
認めていませんでした。(←ポイント!)

こんなレベルで始まった深海の冒険(調査)。
学者さんの性質?は、ツッコミ易いですね。
それを逆手にとって、何でも「あるある」とするのは賛成できませんが。

水深の1000m以上のところは、なんと海水域面積の約88%を占めています。
水温は1〜3℃。暗黒で、貧栄養ですけどね!”深海魚”と呼ばれる方々の生活圏が
一番広いのです。水深7500mまではかなり生物が豊富です。

まだまだってわけですネ。怪物がうじゃうじゃいても可笑しくありません。

↓海は深い!日本近海には世界一のマリアナ海溝(かいこう)が有る。

水深 海溝 エリア
10,920m マリアナ海溝 日本
10,800m トンガ海溝 ニュージーランド北
10,057m フィリピン海溝 フィリピン
10,047m ケルマディック海溝 ニュージーランド東
9,780m 伊豆・小笠原海溝 日本
9,550m 千島・カムチャッカ海溝 カムチャッカ半島
9,175m 北ニューヘブリアス(サンタクローズ)海溝 サンタクルーズとも言う
8,946m ヤップ(西カロリン)海溝 フィリピン
8,940m ニューブリテン海溝 ニューギニア島
8,605m プエルトリコ海溝 プエルトリコ:カリブ海と大西洋の間

引用:理科年表

-------------------------------------------------------------------------

近年では、衛星を使った調査になっています。
衛星写真、レーダー、カラースキャナーなどのハイテク機器をつかって
TVの天気予報にも役立っていますネ。潜水艦も衛星を頼って運行します。
平均海面、海水温度、潮の流れ、風の強さ、向き、波の高さ、月の満ち引きなど、
私は海釣りをする時に多いに参考にしています。

--------------------------------------------------------------------------

少し前までの文献では、海は地球表面の約71%と書かれています。
今では約72%と書かれているものが多くなってきました。
地球温暖化によって北極南極の氷が溶け、海にかぶってしまった地域が多いのでしょう。

また、海水は地球表面の水分の99%を占めています。そうです、我々の飲み水、
湖や池や川などの淡水はたったの1%なんですね〜。

さて、海には親潮と黒潮という大きく二つの潮流があります。

海のデータ

<日本>

親潮・・・両極からくる冷たくて栄養が多い流れ。冷たい=密度が高いので海の低層を流れる。
色は緑色っぽい(植物性プランクトンが多いため)。
海の栄養原を運んでくる為に”親”と名付けられたのかもしれない…。

黒潮・・・赤道から来る暖かい流れ。暖かい=密度が低いので海の表層を流れる。
色は青っぽいが、一見すると青よりも黒色に近い為、黒潮と呼ばれる。
透明度がバツグンに良い。どうして発生するのか、正確には未だ不明です
(大まかには密度の違いから…という理由)。


オマケ・・・透明度の最高記録は大西洋のサルガッソー海で66m。
世界一の透明度を誇った(←昔)摩周湖は41mだった。透明度が高いのは
貧栄養だからです。生物は殆ど生息できません。


冨栄養になってプランクトンが増殖し赤くなった赤潮、特定地域の海流のXX潮などは、
複雑になるだけのため解説から外しました。


海水の成分
・・・海水1kg(1000g)のうち、35gは塩類。塩が多い。


エルニーニョ現象は、海洋最大の謎といわれています。
太平洋の赤道付近の海域に破壊的な大嵐を起こす原因の水温上昇のことを言いますが、
これの原因究明は、まだ始まったばかりのレベルです。

底を流れる親潮のおかげで、湖と違って深海にも酸素が運ばれて行くんですね!!

なるほど!!!

連想ゲームで記憶する作戦。

エルニーニョ現象と同じように、海水温の変化を促し、気候を変動させるラニーニャ現象。
とりあえず、この2種は仲間なのですが、そして、更にここで関係ないのですが、
ラニーニャ現象から連想してしまったことに、マルセラン・アニャーニャ博士…、
いや、Dr.アニャーニャ水産省・生物学者がいます。どこの共和国の方かは置いておいて。

高野さんが重い石を持って帰ろうとして協力したというか、しなかったといいますか、
本誌・磯投げ情報には長期連載があられる国立科学博物館の学芸員さんの記事がありますが、
これらの人々、機関、単語・関係がスンナリと理解できた貴方、素晴らしいです。

知らない方、ネットをする方は、語句検索で辿ってください。

ファンならクスリと笑ってくださるでしょうが(謎)(ネタ・コラムでした)

さらに。

湖と同じように海にも有る死の世界

しかし、この広大な母なる海にも湖の科学で書いた
酸素の無い部分があります。
そう、同じように底は死の世界になっています。

上の表には書いていない「赤潮」というものなのですが、
これは親潮や黒潮とは全く違います。

赤潮は異常にたくさんのプランクトンが発生して色が変わったものです。
紛らわしいですよね。

そのプランクトンたちが死んで海の底に沈み、
それを分解するためにバクテリアなどが
一生懸命働きます。

働けば働くほど酸素が無くなって行きまして、
結果酸素の少ない「貧酸素塊」というエリアになります。

酸素が無ければ湖の底同様に生物は殆ど住めませんから、
死の世界になります。

時々貝が死滅!!!とかヘドロ化!!!
というのは酸素が無い場合に起きます。

赤潮が発生⇒プランクトンの分解⇒酸素が無くなる⇒貝などの底の生物が死滅

というわけですね。

尚、ヘドロというのは酸素が少なくなり
水が悪くなると出来るドロドロのものです。

水が汚れる⇒酸素が無くなる⇒ヘドロを作ってしまう生き物(バクテリア)が頑張る。

ヘドロが出来るのは硫化水素のせいなのですが、
硫化水素を作るのがバクテリア君。

広大な海でも、ちゃんと潮が流れなくて淀んでしまったりすると
湖と同じになるんですね。

貧酸素塊=飽和酸素量の40%以下と定義されています。


月の魔力が消える!?

満月には精神が高ぶる!!!とか、交通事故が増える!!!とかって聞いた事はありませんか?
月は神秘的ですネ。過去には「月の関係で支配者を転覆する一揆が起きる」など、
真剣に「月の影響」が考えられていました。

今では簡単に手に入る月の欠けを知る時計のムーンフェイズなどは
支配者層だけに売られたりしたほど。現在でも占星学などで重要な項目のひとつです。

さて、月に絡む生物的なお話をしましょう。

スキューバダイビング好き(50ダイブ既に突破)の友人のカズオ君が初めて黒鯛を釣りました。
彼が長年憧れていたクロダイ。
そこで、記念に釣りの師である私が家で飼ってやるということになりましたが、
1年を超えて今も生きています(いつまで飼うのでしょう…)

←コイツ

海水魚は月による潮の満ち引きで釣れたり釣れなくなったりしますが、
慣れまくったコイツは、世間が満ち潮だろうが引き潮だろうが潮止まりだろうが
いつでもエサをねだります。

◆水槽飼育にすると、海にいた時の月の影響が無くなるのです。
長く飼育するとペットとなってしまい感情が入って美味しいタイでも食べれませんが…。

水槽に移した海水魚がそれでも尚、月に影響された行動を取ったならば、
占星術などは本当であるという可能性があったのですけど…。

生物学って奥が深いでしょう?

↓海底探査は衛星だけではなく、船から下ろすスキャナーもまだまだ健在です
(併用されています)。装置はイギリス海洋科学研究所のGLORIA。
広い範囲(60km)をカバーするサイドスキャン式画像化システムだ!



↓GLORIAの海底写真。海底火山もこんなに鮮明だ。恐るべきは火口の大きさ。

←火口は、なんと2km!!(とのこと)

ところで、光は水をどれぐらいまで通過するのでしょうか?
海のどの辺の深さまで届くのでしょうか?

光の届く範囲のデータ

過去に行った実験のデータが有りました。海のものです。湖では行われていない様です。

水深550m。

結構届くものですね。ただし、条件があります。以下に列挙しておきます。

・水面が穏やかな時に計測。
・湖ではなく、海で計測。
・太陽が真上に来た頃に計測。
・透明度がバツグンに良い時に計測。
・潜って行く潜水艇の窓から目で明るいかどうかを見て計測。

@眼の良い人や、目が暗闇に慣れる慣れないと個人差があり、計測を担当する人間で
差が有ったりしたようです。
200mで見えない時も有り、数十mでダメだった時も(笑)。

今回のデータは、物理学者オーガスト・ピカールの「トリエステ号」実験から取りました。

最近の大発見

なんと、光合成ではなく海底の温泉の硫黄を利用して群生しているグループが見つかりました。
ハオリムシやアルビンガイ、フサイタチウオの一種…などの完成された生態系が
海底温泉周りに有ったのです。

光合成以外の生態系があることは、この科学始まって以来の大発見でした。
現在、大規模な調査が進んでいますが、解明しつつある…という段階です。

←ハオリムシ君/提供:s・sさん

その他の雑学

★オキアミの有効利用とは?

最初,世界中の海にいる大量のオキアミを何らかの食材に出来ないかと
ある水産系会社・食品会社が考えていました。問題はエビのように保存が出来ず,
含まれている酵素によって直ぐに黒色化してしまい、ドロドロになるし、
見てくれも悪いので人間向けの食材には出来なかったのです。

なんとか利用できたのがカッパエビせんなどのお菓子類への転用のみでした。
せっかくの大量のタンパク源なのに、食料資源としてダメなのか?
壁にぶち当たっていたところ,「週間釣りサンデー」の社長が
釣りの餌にどうか?と提案したのが有効利用の第1歩でした。

想像以上に魚が釣れるものですから,あっという間に釣り業界に広まりました。
黒くなっても魚は区別せずに食いついている実験結果があり,
今では海釣りでははずすことの出来ない餌になっています。

海は分かっていない事が多い…ということが事実です。



表紙へ