巨大な古い体を持ったサメたち特集

海の巨大肉食ハンター(サカナ)の代表選手と言えばサメ。

一般の魚と違った特徴は、エラが下記図のようにスジみたいな所、そして浮き袋も無く、
水の流れが無くなると動きの悪いエラのせいで呼吸が苦しくなり、
沈んでしまって溺れると言われています。

つまり泳ぎを止めると溺れるってこと。
(水の流れがある場所では止まってもOKなので誤解なきよう)

全世界で約250種類がいるそうで(微妙に被っているサメを除外すると約200種)、
最も古い化石の記録では約3億5千万年前の古生代デボン紀まで遡る生きた化石。

↓「原色魚類検索図鑑T〜V」北隆館/阿部宗明・落合明共著の図より

←サメの特徴はエラ。類似ではエイもそうですね。

最も小さな種類で15cm〜20cmというコンパクトなサメが(フィリピン近海に)いる一方、
下記で紹介するジンベイザメは最大魚類として15mオーバー、10トン近いものがいます。

その素晴らしい肉食で鍛えられた体は海や川のように浸透圧の差を克服し、
淡水湖や河川にも遡上するケースがたまにあります(ニュースになりますが、こういう理由)。

サメは嗅覚が凄くて遠くに落ちたた血液ですら辿ってやってくるという解説が時々ありますが、
全ての魚類の嗅覚は、正直凄いものがありますから(警察犬クラスだ!!!)、
「すごいんだぞ〜」っと言っても、サメだけが特殊というわけではないです。

サメは常に空腹感を持っているとかで、他の魚と同じではないようです。
いや魚は一般的に”空腹感”は持ってなかったと思うけど、兎に角、いつも食ってみるのでしょう。
激しさを増して食いまくろうイベントになった状態を特別に「シャーク・フレンジー」という。
逆上するぐらい激しいサメという意味です。

私の専門外ですが(専門=致死遺伝子ネタ、サメには思いっきり有用な特徴があり、
それは悪性腫瘍(しゅよう)や白血病など、すなわちガンにならない事らしい。

コレ↑論文を読んだわけでなく只の私的見聞ですが、映画の題材にもなっているし、
人間に応用できるであろうその謎を調査している機関も多いそうです。
一方は巨額な資金がある研究施設、一方は個人的レベル自腹の研究(私)、目的は同じ。

また後で紹介しますが巨大な肝臓(採取される有用な肝油)も特徴的です。

一方、歴史上、世界最大の魚は?

過去を含めて世界最大の魚はどれぐらいあったのでしょうか?
標本の実測でなければ、27.6m、頭骨だけで6mと推定される
恐竜と同じ時代のリードシクティスという魚。←サメ類じゃない。念の為。

5〜6mクラスの魚竜や首長竜を食べていた可能性があります!
すごいですね〜。

尚、伝説では、オーストラリアのフォルス湾で40mものサメが居ると
考えられていました。サメではメガロドンが最大です。

←メガロドンのイメージ

↑海外文献より

人間誰もが見たがるという巨大な生き物。
暗い世間をパッと明るくさせるのは、彼らが姿を現せば簡単簡単。

恐竜が生き残っていたら、世界各国の戦争も中断するかもね。

現在の世界最大魚は、平均12m(最大20m)ぐらいのジンベイザメ。


 20数メートル!!!巨ザメ体験談(船員の殆どが愕然)

元漁師の技術屋さんより(サイト引越し中)


みなさん、はじめまして。突然の書き込み失礼いたします。

 実は古い話で申し訳ないのですが、以前に出会った鮫の話を書き込ませて頂きます。

1969年の7月半ば、水産高校を中退して、アルバイトで乗り組んだ
カツオ一本釣り漁船での話です。

船は248t(199t型)の典型的カツオ漁船で、
当時10代でしたが無線局長として乗り組みました。
 それに出会ったのは、伊豆半島南方、寡婦岩至近の海上です。
船は「なぶら」を探して寡婦岩の周辺をゆっくりと「流して」いました。

定時呼び出しを済ませた私は、舳乗りの先輩と船の舳先で鳥を見張っていたのですが、
ふと海面を見るとおよそ水深5mくらいのところに大きな影があるのに気づきました。
すぐに先輩に教えたのは「なぶら」かも知れないと思ったからです。

それを見た先輩はすぐに「鮫だ。でけぇ!!」と・・・

 そう言われてよく見れば、確かに鮫の頭、すぐにブリッジに怒鳴って知らせました。
ブリッジから漁労長と船長が右舷側に顔を出し、下を指差して
「尾っぽはここにあるぞ」と怒鳴りました。

カツオ漁船の写真を見ていただければすぐに判ると思いますが、
248tのカツオ漁船はかなり大きいです。ブリッジは船体中央より後ろにあります。
舳先で頭が見え、ブリッジで尾なら長さは25m以上になるのは確実です。

そして、先輩が「おい、こりゃモウカだぞ。」と言いだしました。
漁労長も舳先へ飛んできて、「おーたしかにモウカだ」。

「モウカ」というのは方言で、「ホオジロザメ」の事です。
彼らは20年以上もカツオ一本釣りに従事するベテランです。
一本釣りの漁師は鮫の種類、海面から見える鮫の種類は間違えません。

カツオが鮫に「付く」事があり、漁獲に直結しますので、
「ジンベイ」や「ウバ」などのカツオが付く鮫を見分けるのは重要なスキルなんです。

これは26名の乗り組み員のうち、当直や機関場での作業で
出てこられなかった4名を除いて全員が見ています。

寡婦岩付近の海水透明度は非常に高く、2頭の鮫を見間違える方が難しいです。
 結局、十数分ほど船と平行していましたが、船下方向へ反転して深みへ潜って行きました。

 古い話で、仲間内で酒の肴にしか話した事はありませんが、
こちらの知識豊富な皆さんに論評いただけたらと思い
「信じられない」と言われるのを覚悟で書き込みます。

よろしくお願いいたします。

さすが、サイト運営者だけあって光景が見える(想像を掻き立てる)文章表現で思わず採用!!!
これって、マジメにスゴイ話です。

←深海には何かがいる!?

上の動画

海底で餌をやって生態を観察していたところ、2mのサメが遥かに大きなサメにぶつかります。
小さいほうが2mというのは言いすぎかと思いますが(せいぜい1m)、でかい方は確かに見事。
少し体が崩れた印象を受けるので、平均体長を超えた個体と思われます。

謎の巨大生物じゃなくても、巨大であれば充分人間の心をワクワクさせます。
それにしても、学名は難しくて覚えられませんね。

エイジと申します。

1969年7月半ばの巨大なサメの目撃談についてですが、
もしかしたらメガロドンの生き残りかもしれません。

確証はないですが貴重な話だと思うので、
サメの海というHPに紹介したいと思いますが、構いませんでしょうか?

なお、投稿された方にも同様の内容のメールを送りました。

私のほうは出所(サイト)を併記下さればOKです。

連絡を取りあわられて、OKだったでしょうか?
写真が有ると凄い破壊力ですけどねー。

船よりデカイ怪物サメ。

スティーブン・スピルバーグ監督の「ジョーズ」の怖さがありますよね。
あの場面に居れば、音楽が見事にはまって、いやぁ、生きた心地がしないです。

巨大サメは、是非とも見つかって欲しいですね。

▲後年、CGIの発展に伴ってメガロドンを題材にした映画が出現、
しかも沢山作られるようになり、誰もが知る”超巨大サメ”のネームとして有名に。
当サイト作成時点では皆「何それ」レベルだったので嬉しいような悲しいような。


現在の世界最大魚:ジンベイ鮫

でかいですねぇ。大阪の「海遊館」で2匹見たことがありましたが、
確か一匹は死んでしまった記事を見た気がします。飼育は難しい様です。

ジンベイザメ 【Whale sharks】学名Rhincodon typus

普通のサメと違って大変大人しいサメですので、ダイバー憧れの友達です。
食べ物はプランクトンです。

←ダイバーは友人のカズオ君です。

まだ詳しい生態は解っていませんが、ある海域に、ある時期決まって回遊してきます。
それを狙って、ダイバーや生態を研究している海洋学者が争っています。
世界最大の魚類ということで、たいへん有名なサメですネ。


誤植

ちょっと画像が大きかったので、画質を落としました。
メガマウスシャーク(だとのこと)ですが、大人しい感じがします。
でも、メガマウスじゃないぞ!!!

誤植だったの?

←頭の横にダイバーが居る。巨大さにビックシ。

書籍の誤植は「初版・第2版・第3版…」となるごとに修正されます。
間違いだらけの場合は最初と最新版がかなり違います。

←高校時代からの付き合いの友人カズオ君です。ハイ、再出。

3、サメの骨はレントゲンに写らないんだよ〜っ

アロワナやピラルクーとかの鑑賞魚ではよく「古代魚」と雑誌で紹介されています。

本当は鮭類でもアロワナ類でもタイ類でも進化の系列を見ますと
先とか後とか一応付けれますが、現代から見れば発生したのは
ほとんど同じような時期のものです。

ただ、その中で一番進化しているのは淡水魚類と言われています。

海から川に入るには、浸透圧調整が必要なので、腎臓(体液を調整する器官)が発達します。
腎臓の発達を見れば淡水魚が最も進化していることが分かります。
ゆえに、淡水のアロワナやピラルクーは海水魚より新しいです。

サメは人間やタイなどの骨と違って柔らかい骨をしています。
軟骨といいます。レントゲンに写りません。

そして、物を食べて最終的な分解が尿酸(あれ、尿素だったっけ)なので
一番古い古代魚になります。
アンモニア臭いとしてかまぼこの原料になるのが多いですね。

←軟骨なので、なかなか残らない化石

←ゆえに、よく見れるのはこんな”歯”だけの化石。寂しい。

現代の形態を持つ魚はシーラカンスの直後に出ていますので、
アロワナ、コイやサケなどは古代魚といえば全て古代魚です。


神秘の琵琶湖に生息?幻の古代魚コイを追う!!
(東スポ風)

とか

最後の秘境!山奥の渓流で跳ねる幻の古代魚サケ

う〜む。素晴らしい響きだ…。

生きた化石の超大物、代表選手と言えば、ゴキブリ
”生きた化石”のイメージ台無し(笑)。

あなたが先日たたき殺しちゃったやつ♪

4、ホオジロサメと被害

ごつい歯ですねぇ。これで噛まれた日には赤チンでは間に合いそうにないのは
誰でも判ります。日本近海でも出現するそうですから出会った時は
ギャラクティカマグナムで対抗しましょう。(知ってます?剣崎とか…)

普通は5mで最大です。
4mを超えますと、主な食性が魚からアザラシなどの哺乳類に変わります。
人間も餌としての認識で襲ってきますので、怖いです。
「気をつけてネ!」としても、気をつけようがありません。

●ホホジロザメの最大体長は7・3m(南オーストラリア)。byベルクートさん

 ←主な画像撮影:J.Staffardさん

最近の日本の事故では、瀬戸内海と三河湾のダイバーさん達が被害に遭われました。

←右太ももがザックリと食われてしまった例

↑海外文献より

←痛い〜

↑海外サイトさんより(同じ患者さんの別写真を偶然見つけた!!!)

ゲテモノ的な写真として「うぇ!」っとなるのではなく、
出会って襲われれば誰もが同じ運命ということ。
年齢、性別、容貌、生意気、マジメ…関係無く同じ運命です。

話違いますが、交通事故の方もむごい…。
4輪ドリフトはほどほどに。


ホオジロザメに匹敵する魚もいました。

その強暴さで海を支配していた魚…。
イセゴイ系、大物釣りの代表でも有るターポン(最大2.5m)に似た魚です。

ニシンの馬鹿でかいやつ…といっても好いかな(笑)。
それに長くとがった歯をビッシリ生やせば、その魚になります。

名前はジファクティヌス
マグロの3mよりも大きく、獰猛な肉食魚で5mに達しました。

ターポン(イセゴイ科)

←写真:「新さかな大図鑑」週間釣りサンデー


2003年、9月に歴史を書き換える超大型の魚の完全化石が出土したとの報告が。

ま、マジっすか!!!

初めて読む方は、ニュース記事に不自然なところが無いかどうかシッカリ読んでください。


史上最大の魚類の化石を発見
=体長35メートル、1億5000万年前に生息−英


 【ロンドン18日時事】18日付の英大衆紙サンは、
イングランド中部ケンブリッジシャーで体長35メートルの巨大魚の化石が
発見されたと報じた。1億5000万年前に生息していたとみられ、
歴史上最も大きな魚類になるという。

 同紙によると、鯨よりも大きいこの魚の骨の化石は、
採石場の地層からほぼ完全な形で見つかった。

約2000個の骨から成り、ロンドン名物の赤い2階建てバスを
縦に3台つなげたのと同じ程度の大きさになるとみられる。
専門家の1人は「大きさに度肝を抜かれた」とコメントした。 (時事通信)
[9月19日7時5分更新]

←ああ、すごい…

サン紙が作ったイラスト

<解説>

35mもの巨大な魚。イラストを見るとイギリスを代表する二階建てバスが
三台も連なった大きさ比較。イメージすれば、とてつもない大きな魚体だったと
怖くなるほどです。海に泳いでいる姿を想像すれば、小型ボートなんて…。

ということで、心ウキウキワクワクですが、心配の種がひとつあります。
Yahoo!時事通信は良いとして、情報元がサン紙なのです。

その「サン紙」は皆さんご存知かもしれませんが東スポが提携している新聞社。
東スポは最近は大人しいのが心配です。

記事によると専門家の1人は「大きさに度肝を抜かれた」とコメントした…とのことですが、
サメ型=軟骨魚類なのに化石が残っていたというスケールのデカさに度肝を抜かれて
サイトに転載してしまいました。

私も専門家の一人として確認のため(ウソ、ネタのため)問い合わせてみました。
やっぱりサメって言ってる…。メガロドンなら良かったのにね。

▲軟骨魚類のサメやエイなどは歯ぐらいか小型のものしか化石で残らないデス。
(前出の化石の解説を思い出してね)

さて、最初にニュースを読んだ時にコレに気付かれたなら中々良いですぞ。

サン紙はお遊び部分が多いですが、時々読者に本気にされるケースがあり、
今回のような”世界最大の魚更新ニュース”は「マジかよ〜〜〜」っと
熱くなった真剣モードの問い合わせが殺到するかもしれません。

権威の学者から真剣に怒られることを想定し、彼らには直ぐにバレるように、
また、問い合わせた一般の人へはニヤリとしながら
「サメは軟骨だから化石で残らないんだよ、ウソを見ぬけるように勉強をしましょうね」
とかなんとか言い訳出来るようにしたイジワルな記事だと思います。

いや、それだけナイスな記事とも言えますけど。

サメです。 投稿者:TOF 投稿日:2006/05/15(Mon) 10:00 No.1036
ガラパゴスのサメ。鰭出してるのは珍しい。
ガラパゴス・シャークとか呼んで、固有種だなんて言ってますが、
あたしにゃツマグロの地域変種にしか見えん・・・・


Re: サメです。 作者 - 2006/05/16(Tue) 02:21 No.1054
サメの記事部分にサイト採用させてください。
Re: サメです。 TOF - 2006/05/16(Tue) 21:50 No.1070
>さくだいおう殿
どーぞ、ご自由にお使いくださいませ。もう少しありますから、
必要でしたら送るか、上げるかいたしますが。
実はこのサメ、夜になるとジャンプするんです。
デジカメでは悲しい事にシャッターが遅れて、一枚も撮れてません。
カツオ、マグロのジャンプ、マンタのジャンプ、カツオ鳥のダイブ、
全部シャッターがクリティカルでして・・・・
もうすぐ、長期で行く事になりますから、今度は銀塩カメラ持って行きますかねぇ・・・・・

TOFさん、サンキューでした。転載しますから、よろしくどうぞ〜。

当サイトのBBSより

48 名前:タカさん
ラブカ動画です↑

そのうち見られなくなるんでしょうね。水中で1.6m
のサメに会ったらえらく怖いと思いますよ。

小さければ観賞用にも最適です!!!

バカなが隊のみっちゃんさんより

作者wrote;

> そうそう、源流紀行のVol2なんですが、予約しました。
> 吉田さんのところへ注文してから、みっちゃんのところから買えることに気づき、
> しかし既に遅しだったので、吉田さんに「みっちゃんの紹介で」を強調しました。

どうもです。購入先について気にしないでください。
本では一記事の写真を担当しただけです。

で! また静岡新聞からです。今度は一面の真ん中あたり!
とはいえ巨大生物ではありません。1.6m、7.5kg
ラブカの画像が奇妙で迫力あったので投稿しました。
LOVE力(ラブぢから)(ラブパワー)と読んで恋愛成就祈願の目玉にできたろうが
残念ながら死んでしまった。

また保存してサイト記事に転載しますね。いつもサンキューです。
私の予約した源流紀行のVol2は、届くのが待ち遠しいですね。DVD付きなんですねぇ。





★サメの特筆すべき特徴は肝臓

体の3分の1から2分の1以上の大きさを持ちます。
肝臓って、簡単に言えば「エネルギーの貯蔵庫」

エネルギーの貯蔵庫である肝臓が大きいという事は、体力も持久力も
物凄くあるという事です。釣り上げてから空気中でもしばらく生きていますので
ウッカリ触って噛みつかれることもあります。

肝臓からは肝油というものが採れまして、ものすごくマズイ!!
でも、昔の漁師さんは”元気の素”としてよく飲んでいました。

現在では健康食品化されていますので、今では一般の方も飲めます。

肝臓が肝炎やガンなどの病気になると、「なんだか疲れるなぁ」と元気がなくなります。
痛みも無く、かなり悪くならないと検査で引っかからないですから
沈黙の臓器と呼ばれています。

これを聞くと「ああ、スティーブン・セガールの出ていた映画ネ」というひとが必ず居ますので、
「ソレは沈黙の戦艦(+沈黙の要塞+沈黙の陰謀)」とお返しするのがマナーになっています。

黄疸(おうだん)が出るといって、皮膚の色が黄色くなるのもこの病気の特徴です。
心臓や脳の次に大切な臓器と言っても差し支えないかな。


〜その2〜

機動性と、獰猛な性格を持つとされるサメ。
人食いザメの一種であるシュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)です。
ヘンな頭がインパクトがありますが、どういう必要性があってこんな頭に進化したのでしょうね。

←ちょっとカッコイイ



撮影

サメの撮影は命がけですが、よく言われるのは腹が減っていなければ
無用な殺生をしないそうですね。生きるために食べるというのは、
食物連鎖の掟ですが、人間だけは自分の欲望のために人を殺すそうですネ。

それにしても、下のサメの腹が減っていたらどうするんでしょ!?

ダイバーがちょっとビビッているリアクションみたいですが…
気持ちが伝わって来るようです。演技では出来そうにありません(笑)

←実はビビっているダイバーの図

↑海外文献より

おおっと!息を留めて…留めて・・・。泡が出ないように…。
ま、周りに隠れる岩が無い!!どうしよう〜〜
カメラのフラッシュでメクラ作戦を…。


オイオイ、ヤバイぜ、兄貴!腹が減ってそうじゃーーん
これだけサメがいるのに、潜る勇気がスゴイと思います(笑)。
ほんと、大丈夫なのかしらん。

←生きた心地がしない瞬間です。

Jack Jacksonさん撮影

こちらも、カメラのフラッシュ作戦で対抗しようとしているみたいですネ。
ダイバーの無事を祈ります。

ウバザメ

謎の漂着死骸の正体で有名なウバザメですが、
平均体長は8m。最大は15.2m、3.9トンまで大きくなります。
ジンベイザメの次に大きい魚です。

大変大人しく、いつもぼぉ〜〜〜っと波間を漂っていますので、
「日向ぼっこをするサメ」(ベースキンシャーク)と言われています(笑)。

食性はジンベイザメと同じくプランクトン。写真のように大きな口を開け、
プランクトンを食べます。

ジンベイザメのように普通のサメと違う体つきをしていれば分かりやすいのですが、
外見は普通のサメと同じです。

←見事にヘン!!!

写真:ダン・ビュートンクさん

撮影者のダンさんは言いました。
「外見が普通のサメと同じなので、最初は「ゲゲッッ!ヤバイッ」と感じますが、
口を開けさえすれば、すぐにウバ君と分かりますので、ホッと一息です。(笑)」

ウバザメは亜寒帯から温帯に生息しています。日本近海の例では、
東北沖で漁獲された事があります。

メガマウス(大口のサメ)〜古い体つきの発見!!!深海サメ

シーラカンスは約200体。それよりも捕獲数が少ないというメガマウス。

大きい口なのでメガマウスシャークといいます。
深海に住んでいますので、近年に発見されたばかりです。

深海ゆえ生体が手に入りにくく、死体すら打ち上げられる事が少ない希少種です。
研究者が謝礼を出すクラスでしょう!
最初に発見した人は、「腰が抜けるほど奇妙なサメ」と言っていたそう。

生物学的には非常に古いサメの形態を持っています。

進化的にはサメ類(軟骨魚類)⇒普通の魚(硬骨魚類)と言えるわけですから
サメの中でも”古いもの”であるメガマウスは近年では最も面白い発見の1つと言えますネ。

1976年のハワイ諸島の4.4m第一号を皮切りに新種発見となったのですが、
現在に至ってもシーラカンスより少なく、世界中でも未だ15個体程度しか見つかっていない!
しかも、その内の4体が日本で見つかっています。

(↑書いた当時)

日本の研究者にとっては恵まれているのだ!!!

←なかや かずひろ氏撮影

浜松の(多分)

びっくりですが、上は日本人のカメラマンの撮った写真です(なかや かずひろ氏)。
ひょっとして浜松(静岡)の打ち上げられたメガマウスかな?多分そうでしょう。

はっきり言って今切口(静岡の有名な釣り場)にこれが漂っていたら「東海釣りガイド」
激写ものでしょう。釣り人の何人かは写真を投稿するレベルですな。

ネッシー騒ぎになるかもしれません。それほど奇妙な格好をしたサメです。

←海外でも貴重。

写真:Otto Bismarckさん撮影

2003年夏、世界中で16匹目、日本で5匹目の発見だ

朝刊のメガマウス バカなが隊のみっちゃんから

本日(2003/08/08 (金))、静岡新聞朝刊のメガマウス記事です。

七日、沼津港に水揚げされた・・・
雄で体長4.7m、重さ460kgの成魚。
戸田村の巻き網船団が六日夜から七日にかけ、
駿河湾の入り口付近で行った漁で網に入ったという。

口を広げると、大人がすっぽり入るほどの大きさ。
・・・世界中の温帯から熱帯域に生息し、日中は水深百−二百メートルの深海に、
夜間は浅い所まで上がってくるという。

大きな口はあるものの性格はおとなしく、鋭利な歯も無いので
プランクトン類を飲み込んでいるらしい。・・・全体標本にしたい」と話している。

*記事一部抜粋。 画像は記事を撮影したものです。

←静岡新聞


情報提供フォルクスさん

読売新聞社・静岡支局記事より転載

8月8日
沼津で水揚げ、びっくり珍種のサメ世界で確認十数例大きな口が特徴


 沼津港に七日、世界でも十数例しか確認されていないという
珍しいサメ「メガマウス」が水揚げされた。

 体長約四・六メートル、体重四百六十キロのオスで、
名前の由来となった大きな口が特徴。
御前崎沖の駿河湾で七日午前四時半ごろ、サバ漁をしていた漁船の巻き網にかかった。

 ネズミザメ科に属するメガマウスは太平洋やインド洋などの熱帯から温帯にかけて生息し、
水中のプランクトンを食べる。大きい口のわりに歯は小さく、性格もおとなしいため
人を襲う心配はないという。昼間は水深百メートル以上のところにいるが、
夜間は十数メートルまで浮上する。黒潮に乗って、駿河湾に来たらしい。

←口を閉じるとこんな顔(読売新聞)

←「なんと!!!」と鑑定に驚いた船長さん(読売新聞)

肌に触ってみると、意外と柔らかくぽちゃぽちゃとした感じ。
「食べても水っぽくて、おいしくないだろう」と敬遠されて買い手はつかず、
東海大学海洋学部(静岡市)で学術研究に利用されることになった。

漁船の長島伸一船長(56)は「網にかかったときは、大きすぎて邪魔だとばかり思ったのに、
そんな貴重なものだったとは……」と驚いていた。


こんにちは。バカなが隊のみっちゃんです。

2003年11月3日の静岡新聞にメガマウスの公開解剖についての記事がありました。
東海大海洋学部の学部祭でメガマウスが公開解剖され、
メガマウスの腸内からしか見つかっていない新種の細菌のことや
各臓器について一般来場者に説明されたようです。

←地元では続報が(静岡新聞)

漁業としては価値のないメガマウスを漁師が運んでくれ、漁労長が大学へ報告、
さらに−60℃の冷凍庫に保管してくれた会社に感謝し、
お礼として大学側が地元市民へ一般公開解剖したのだそうです。

地元市民の協力あっての研究という訳でしょう。 
一年後に剥製として公開される予定とのことです。

久しぶりのメガマウス捕獲の報。珍しいものが見つかる日本。
研究者、ガンバレ〜。

21匹目追加です。

↓写真とかが未だ無いので、共同通信(Yahoo!NEWS)の2004年4月21日から転載。


(共同通信の記事転載です)

頭と口が非常に大きいため「メガマウス」と呼ばれる珍種の深海サメの死体が、
千葉県市原市の五井南海岸の埠頭(ふとう)に漂着していたことが21日、分かった。

千葉県文化財課によると、メガマウスの確認は世界で21例目(国内7例目)。
体長5・63メートルの雌で、この種ではこれまで世界最大という。
体重約1トンと推定される。下あごの外周は114センチだった。


 千葉県市原市の埠頭(ふとう)に漂着し、
引き揚げられた珍種のサメ「メガマウス」
=20日、千葉市内


19日夜、埠頭の消波ブロックの間に挟まっているのが見つかり、
千葉県立中央博物館の研究員がメガマウスと確認した。
宮正樹上席研究員は「死後1、2日だろう。

餌のプランクトンを追って東京湾に迷い込み、死んだのではないか」と話している。
メガマウスはジンベイザメなどと同じプランクトンを食べるサメだが、
生態などは解明されていない。

当サイトの記事を書いていた時点では4匹だったのに何時の間にか増えましたね〜。
日本で7匹目とは。世界では15匹だったのに、21匹目になっていますね。

メジャーになりつつあります。

使われたメガマウス。

←スゲェ…

人間の影はクッキリ出ているのに、この怪物の影が無いのが作り物っぽいですが、

・・・と話していたところ、偽造の元が判明

 ←ああ…

最近の加工技術に脱帽。影は元から見えにくかったのね。
ふにゃふにゃになっているサメは、骨が柔らかい軟骨魚類の死骸の状態。
生きていた時とは違った形になるため、ポイントです。

それにしても、子供まで消すなよ…(汗)

もう、こうなってきますと、現物以外は話にならないですねぇ。
厳しい時代になりました。



表紙へ