六角形の模様の帽子?をかぶるフナ

岡山の怪魚


こんにちは。管理人さま。
そう言えば昔、変な魚をみたのでご報告させてもらいます。

もう17年前の話ですが、
岡山の山奥にある小さな池で、親父と釣りをしてたんですね。

そしたら釣れるフナ全部の頭部が固く、六角形の模様の帽子?
みたいなのが付いてました。

この池だけの突然変異かな?
当時、漠然と思いました。

場所もわかってますので、
仕事が一段落つけば釣りに出かけてみようと思います。

何の参考にもならないとは思いましたが(笑)
メールさせてもらいました。

それでは失礼します。

たもつさん、こんにちは!

情報有難うございました。

なんと!帽子のようなものをかぶったフナとは!

←コッコステウス(35cm)

池全部のフナがそうらしいということから、
ひょっとして寄生虫?とも思いましたが、
もしもゲットされましたら写真を送ってくださいませ。

好い写真ならマスコミに連絡して見ますので、
どうぞよろしくお願い致します。

寄生虫なら、チョウという円盤型で
クルクルまわるプランクトンみたいな感じのものが有力ですが、
帽子に見えるほど大きくありませんし。

頭が硬い!ということから、寄生虫は無さそうですネ。

チョウ:鰓尾類の甲殻類。メスは4〜5mm。オスは3mm。

17年前ですか〜。

でも、池さえあれば
まだ生存していても可笑しくありませんから期待。

新種の場合は、たもつさんの名前が付けれますよ。


岡山/謎の魚を釣ろう

彼の名は五郎。

一昔前は野口五郎、今は「ハイ、ゴローさん」と
仲間から呼ばれていた。

多少しょぼくれたサラリーマン風貌ではあるが、
ムードメーカーで好青年だ。

仕事の合間にネス湖ライブカメラをチェックするUMAヲタであり、
ボサーとしたムードから野性味溢れる鋭い眼光を見せ、
時々周囲を驚かす。

つい最近、恵子という可愛らしい同僚OLと仲良くなった。
職場でパソコン画面を一緒に覗いていた事がキッカケ。
(過去ストーリー省略)

今日は、その娘と五郎とで岡山にある小さな池に釣りに来ていた。

甲羅みたいな帽子をのせた怪魚がいると噂されていたから
調査を兼ねたのだ。

←プテリクティオデス(15cm)

五郎はコイツかもしれないと期待していて↑
釣り道具は5mほどの竿にウキ、ミチイト1.5号に練り餌の標準装備。

女の子とデートを兼ねて釣りに行く場合はトイレが近くにあり、
簡単なウキ釣り、エサは練り餌を使用するのがベスト。

五郎はUMAヲタとはいえ、その点をキッチリしていた。

ミミズなんかをエサにした日には
「いやーん、気持悪い」の連呼で絶望だし、
トイレが無いエリアであれば、
苦しむ彼女を横目に釣りをしなくてはならない。

まぁ「その辺でしてこい」などと言い放って
男っぷりを見せつけても良いが、
男女というより人間の付き合いであるという大前提を
忘れてはイケナイ。

五郎はなかなかの配慮が出来る男といえよう。

少し経った時、ウキがぴょこぴょこと沈んだ。
アタリというやつだ。

五郎の眼光が鋭く光った。

「オラァア!!!」

ピシッと合わせる五郎の掛け声、
この時は男らしさが前面に出ているようだ。

しかし、ピチピチと宙を飛んで来たのはブルーギルだった。

「恵子ちゃん、これがブルーギルといって
ブラックバスと一緒にアメリカから来たんだ。
ブラックバスといっても、オオクチバスと
スモールマウスバスって2種類がいてさぁ、
一般の人は区別しないんだよ。
特にスモールマウスバスは日本の環境に合わなかったのか
定着しなくて数も少ないんだ。面白いよね。
そうそう、ブルーギルは焼いて食べればなかなか美味しくて、
日本ではコイを始めとするコイ科が支配しているけど、
アメリカなどではこれのような魚が主。
琵琶湖ではアユを食べるから食害魚ってな感じで規制され…」

…うんたらかんたら20分。

五郎は話が長かった。

恵子が口を割る。

「ねぇ、池への流れ込みで魚のライズがあるわ。
テンカラ(#1)しない?」

(#1)テンカラ=毛バリを使った簡易フライフィッシングの日本版。

「えっ?」

五郎にはテンカラの意味が分からなかった。

「ウキ釣りも1.5号のハリスなんて太過ぎるわ。
ウキを外して0.4号にして針は直結びの通し、
ミャク釣りに切り替えましょう。
ブルーギルじゃなくてアマゴがいるんじゃない?
エサは川虫」

恵子から意外にも難しい渓流釣り用語がヒシバシ飛び、
五郎は正直タジタジだった。

彼は未だ”ハリ結び”が出来なかったのも
ツラさに拍車が掛かる…。

(ふん、ブルーギル様を舐めんじゃねぇ…)

…とムキになって改めて振り込んだ時、
針が恵子の服に引っかかってしまった。

「イヤーン」

「あ、恵子ちゃん、ゴメン。」

ハタと元の和やかな雰囲気に戻り、
彼女の服に引っかかった針をはずそうとした。

「動かないでね。」

…だが、釣り針というのは”かえし”という部分があって、
外しにくい、本当に難しい。

彼は一生懸命ゴソゴソと手を動かして針を取ろうとしていたが、

「五郎ちゃん、手の甲が変なところに当たってるよ…」

実は…釣針は彼女の胸のそばに引っかかっていた。

「えっ、む、ムネに当たって…?」

自分の手が何と彼女の胸の辺りを…
彼は真っ赤になって純な気持ちに、パニック・テンションに突入、
いや、全神経が手の甲に集中して…

可愛い彼女の目と目が絡み合った。

「恵子ちゃん…(照)」

「五郎ちゃん…(ぽっ)」

行け、五郎、今だ、押し倒すんだ!!!

もう岡山の怪魚なんて、どーでもよくなっていた。

オチはキツかったようだ…



表紙へ