フィールドノート:怪魚を狙った

作者である私の探査もちゃんと有ります。
ただ、カッコイイ報告がないので辛いところです。

チャレンジ出来る暇が発生!!

医学関係でクエート出張中にイラクが侵略してくれたものですから、
体を壊してしまい1年間のお休みを貰いました。

←空港職員と顔見知りになる程。

特に産油国。

UAE(アラブ首長国連邦)やクエートでは、海はハワイ、
街はニューヨークの様な、ズバリ異質世界でした。

←右のハンコはアラブ首長国連邦(UAE)

2年で延べ60カ国を行かされたのに突然思いっきり暇になってしまい、
当時の彼女には優しくされていなかったので、
この際徹底的に探査をするチャンスと思い立ちました。

なにせ1年間も有る!!これはラッキーです。

・・・・・・・・・・・能天気でしたネ。今ならリストラ候補でしょう。

ちなみに海外かぶれになるのは
先進国(観光地)へ行かれた方ばかりじゃないかな?

私の場合は基本的に観光地は無かったです。
髪の毛を切る床屋ですら怖いので自分で髪を切っていたほどです。

学生時代にイメージしていた海外は直ぐに払拭され、苦痛に…。

←日本ではイラクとイランの区別がついてない頃

体を壊す事になったイラク侵略直前のクエート市街と私。
写真を撮った方は行方不明に!バックの車のアラブ語に注目!!!
世界は平和じゃないと衝撃をくらった。若いぜ!自分。

ということで、愛知県は名古屋市守山区の小幡緑地公園へ
謎の綺麗な魚を釣りに行くことになりました。

探査期間は1年!

しかし池は水が抜かれバードウオッチングの施設となっていました。

でも!!この緑地公園には3つ池がありました。

その内の一番大きい池が無くなっただけで残りは2つ有りました。
この2つにも怪魚が住んでいるかもしれない!

緑地公園の池は深く一度はまった事がありましたが、
あっという間に水面下に。

岸から2mも行けば背は完全に超えてしまう急深タイプでした。

春夏秋冬〜。

朝から晩まで。

ダウンジャケットからベスト…。

結構、釣りをしていると季節感を肌で接する事が出来ます。

気持ち良いですよ!

2つの池とも釣り人が多く、ほとんどがヘラブナ釣りです。

私は海釣りのクロダイ用の磯竿にリールを付けたり、
投げたり、ルアーをしたりと色々と試しました。

コイやフナ、ナマズ、ブルーギル、ブラックバス、モロコ、
おまけにカメまで釣れました。

ただ、ヘラブナの人達には迷惑で目立っていましたね〜。
スミマセンでした。

常連さんたちは私を何者と思っていたでしょうね。
若いのに週に3〜4日も釣り場に居て。

しかし変わった魚が釣れる気配も住んでいる気配もありませんでした。

春から夏、秋に入って、やっぱり居ないのか…と思いかけたころ、
私の釣り座から10mほど離れた浅いエリアで
パシャパシャ魚の追いかけ追いかけられる音がしました。

夕方の出来事です。

20cmほどの大きさで3〜4匹でした。

さっと光の乱反射を防ぐ偏光サングラスをかけジックリ観察すると…

アユ+ウグイ+シラハエ(オイカワ)の印象を持った妙に美しい魚でした。

こ、これか!?

早速、最軽量の渓流竿と仕掛けに変えてエサをパシャパシャに放り込みます。
植物質のエサ、生きエサ…。でも食いません。

近場で釣っていた人が、
6mの竿で15cmほどの浅場を攻めている変な釣り方の私に気付き

「おう、いつもの兄ちゃん、どうした?」

と声をかけてくれました。

そこで「おいちゃん、あの魚をよく見かけます?」と聞きますと、

「滅多に見かけないけど居るよ。ただXO年ここに通っているけど釣れた事も無いが。」

とのこと。

(この頃には、私の愛称が「いつもの兄ちゃん」になっていました。トホホ)

ふ〜む。夜行性かな…。

「よし、夜釣りだ!」

そう。夜釣りだけはその時まで試していなかったのです。(怖いから)

幽霊との遭遇まで、あと…

湖沼の夜釣りは本当に怖いです。
たとえ電灯があっても、まわりは真っ暗。
木の枝すら見えません。

最近でも、渓流釣りへ行った時に明るくなるまで
車のバックミラーが怖くて見れませんでした。
暗闇が半端ではありませんデス。

時々歌うウシガエルの大きな鳴き声と
水に飛び込むときの「ウッッ」という気合が
これまたカッパのような怪しさに聞こえてきます。

海はザザ〜ンと波の音が聞こえますが、
ほとんどの時間がシーンと静まりかえっています。

昼間との温度差で水の表面には”もや”もかかって
懐中電灯の光の中で踊ります。

暗闇の中で、たった一人。

懐中電灯の光と電気ウキの赤い光だけです。
懐中電灯をずっと点灯していては夜釣りになりませんので
ほとんど消します。

まさに、いつ水の中から怪物が出てきても可笑しくない雰囲気です。

もしも幽霊さんに引きずられたら2m先では背が立たない深さですからピンチです。
時々風が耳を通る時、人の声が聞こえる気がします。

想像が膨らみます。

怖くて目が開けられません。(Byブレア・ウイッチ・プロジェクト)←古い

たま〜にアタリがあってヘラブナが釣れます。(夜にも釣れるんだ〜)
それ以外は、じっと待ちます。

怪魚どころでは無い状態ですね〜。

もし、明るい状態で自分の姿を見たら、さぞ情けない姿だったでしょう。

最初の日はそれで終わりました。

2回目、3回目も同じ状態でした。

怖いけど、大丈夫〜という気持ちになっていきました。

しかし、4回目に問題が起きました。

深夜3時に、暗闇でマリをつく少女

「脳は正常なはずだ、あ、でも脳のCTスキャンで血栓が…」

「いや、正常でも数個は脳に血栓があるはず、じゃぁ、なんだ?」

「オレは空手有段者だ。大丈夫。怖くない、怖くない…」

「物理的にありえんっっ」

「XXちゃぁ〜〜〜〜〜ん」     ←当時の彼女の名前

↑その時の作者の混乱ぶりの一部…

どうも私は幽霊を信じていません。

いや、正確には信じたくないというのが近いでしょう。

しかし、そう思っていても、時々とてつもなく怖い雰囲気を
感じ取ってしまう事があります。

上の場合もそうでした。

ヘラブナのたま〜にあるアタリ以外はシーンと静まり返った池のほとりで、
缶コーラ、缶コーヒーにタバコとゴミ用の袋、魚の持ち運び用クーラーにブクブク。

懐中電灯。装備は普通の海釣りの夜釣り仕様でした。

それを池でやっていました。

大きなポイントはビールなど酒類を持っていないことでしょう。
ゆえに錯覚を起こす事は無いはずなんです。

夜の8時ごろから始めた釣りも2時や3時になりますと、
妙に気だるくなってきます。

帰ろうか…いや朝までやろうか…など考え始めます。

そんな頃、車に戻って仮眠でも取るかと思い振り返った瞬間、
背後の木林で20mほど離れたところで人の気配が!

目を凝らしてもぼ〜っとした明るさだけでハッキリは見えません。

「ま、まさか!!」

そのやや明るい塊?は体を動かしている感じ。目を更に凝らします。
いや、視線をずらす事が出来なかったです。

ある瞬間ハッキリ見えました。

マリを突いていたんですよ〜、女の子が!
深夜の3時に真っ暗な池の背後の雑木林で!

腰が抜けました…。

先ほどのテンパっている脳みそ状態になりましたが、
感覚の無くなった足に力が戻るのをじっと待ってから、もうダッシュっっ!!

車に走って戻って(体力がなく…)
当時乗っていたセリカXX(←スープラの前の名前のやつ)のギアをかませ、
一目散〜〜〜〜。

帰りに一回自動販売機に寄ってジュースを数本買い、
何回も後ろを振り返りながら家に帰りました。

この頃より、明るくなるまでは決してどの池や川にも近づかなくなりました。
夕方も早めに釣具を仕舞います。ハイ。

いまだに強烈な印象と記憶が残っています。

怪魚?そんなの記憶から消えました(苦笑)。←情けないやつと言ってくれたまえ。

ちなみに、釣り場に置いて行った釣具は、2日後の昼まで残っていました(爆)



表紙へ