川と海の関係について

湖の生物への考え方のひとつとして、”勘違いする生物”をご紹介しましょう。

湖、海という二つの水の塊エリアは全然違うもの。
どうして勘違いするのか、何故大きくなるのか、勘違いしないものも居たりして、
理屈が解明されていないものが多くあります。

湖は広い。海と勘違いする生物達。

湖は、たとえ閉鎖水域(内水面)とはいえ、スケールがデカイです。
琵琶湖なんて、写真を見せれば「海」と勘違いしても可笑しくないほどです。

魚の中には、その広さゆえか、湖を海と勘違いする種類が出てきても不思議では有りません。
で、これがまた実際に居ます

海と勘違いして巨大化する魚

サケ科類は、渓流で産卵して、海に下り成長します。
成長した後で渓流に産卵の為に戻ってきます。
戻ってくることで生産量が見込め、たいへん美味しいので
安定して食卓に運べる為に重要な水産資源になっています。

彼らは、湖では、海と勘違いして巨大化しています。
イワナでも、ヤマメ、アマゴでも、見事に大きくなった美味しい魚に変身します。

逆に小さく?なっちゃう魚

サケ目のアユは渓流で産卵するサケ科達と逆で、海(河口域)で産卵し、
川に上って成長します。成長後、海に戻って産卵します。

海に戻る時にヤナにひっかかって最高の美味しい魚として我々の口に入ります。
海にいる時は子供なので、そのせいか、湖中では小さいままです。
イメージ的には「子供の状態」みたいな感じで産卵します。

琵琶湖のコアユがそれ。

もちろん、他の湖でも一見するとワカサギか!と思うのが沢山居ます。
川に入らないアユだと、塩焼きにも出来ません。
それにしても、身近なサケ類って、実は大変奥が深く、不思議な魚類なのです。

●ウナギは湖を海とは勘違いしない様です。

←琵琶湖

★「巨大化・縮小化」については「降海型・陸封型に近づく」という表現が正解です。念の為。

解説中の仲間の単位は、目⇒科⇒属の順番で近くなります。
ヤマトイワナ
サケ目サケ科イワナ属
アユ
サケ目キュウリウオ科アユ属    (注)キュウリウオ目へ移ったらしいが…
ワカサギ
サケ目キュウリウオ科ワカサギ属    (注)キュウリウオ目
ゲンゴロウブナ
コイ目コイ科フナ属
各項属の下に例として”亜”種がきますが、まぁ、覚えなくてもいいでしょう。
ゲンゴロウブナというのは一般的には「ヘラブナ」のことだよ。


inomotosou1991さんより

はじめまして。良くこのサイトを見ています。
未知の生物がどこかでひっそりと生きている、と考えるだけでも楽しいですよね。

「海と湖を勘違いする魚達」のところで
アユ・ワカサギはサケ目キュウリウオ科になっています。
古い文献ではそうなっているものも多いですが、最近の分類では
キュウリウオ目キュウリウオ亜目キュウリウオ科』になっています。
いつごろ、なぜかわったのかはよく知りません。

キュウリウオ目には他にシシャモやシラウオ、深海魚のニギス、セキトリイワシ、
ソコイワシなどがいるようです。

へぇ〜、最近じゃそうなってたんですか。知りませんでした。
この科目の記述は、サイト内で多ページにまたがってますから
少々サイトの修正が大変という事で、まずはメール文の掲載でお茶を濁させて頂きます。

それにしても、アユの生活史から考えてサケ目から抜けキュウリウオ目に移ったのかな。
アユはサケマスの逆だしね。海河口で産卵・生まれて川で育つから。
それはそれでOKだけど、でも、ここを書いたのが1998年。上のメールは確か2002〜2003年。
     ↓
     ↓
その後、時は流れ。
     ↓
     ↓
10年後、自分自身も回帰現象なのか、雑誌にウッカリ古い表記で書いてしまった!!!
焦った私は再度慎重に調べるも最近(2008年)の公開資料でも…いや、語句検索でもザックザク。

水産試験場(群馬県かな)でニシン目(サケ亜目)キュウリウオ科アユだし、

徳島河川・国土交通省ではサケ目キュウリウオ科アユになっている。

欧の学者の中ではキュウリウオ目?アユ科アユの一種だけにするべきとかいう主張もある。
これは琵琶湖のコアユを亜種にしようとか、リュウキュウアユが亜種でいるため、若干浅い。

これは困った。分類や命名を管轄しているのは日本魚類学会だったと思うけど、啓発が足りん。
ボクは会員じゃないので(別の科学の学会なので)、理由を聞ける知ってる友人がいたかなぁ。
なんにせよ、TNKS。どうもサケ科の”亜種論争”の一種みたいなものかもしれないね。

当サイトでは断定しないでおこう。Wikiは専門家じゃない人が編集するのでスルーしておきます。

・・・逆に公的機関のネタとして使えるかも。

←落ち葉を見ながらヘラブナ釣りをするのは、風情がある。

<海〜川を行き来する生物が減ったら…>

河口堰(かこうぜき)が出来ると、海から遡上出来無くなった魚達が減少・絶滅しますが、
日本産ウナギも結局川を遡上できずに減少していきました。

大きな問題にならなかったのは雨降る深夜に道路・草むらなどをはいずって
上流や他の池・沼に移り住むから直ぐに絶滅…とはならなかったからです。

世界各国で堰の建設が進められており、あのネス湖にも水路を遮断する堰があるとのことです。
堰の為にそのような魚類が減れば、ネッシー巨大生物の目撃も減ったりして…。

堰のあり方を世界的に議論する方が重要だったりします。

山⇒川⇒海の関係は見なおし必須

川に入ってきたアゴヒゲアザラシのタマちゃんフィーバー
いい効果かもしれない事では淡水と海水の関係が見直される事と思います。

スポンジ土(←作者造語)

枝が広がって葉っぱが一杯ついている木は”広葉樹”といわれ、山林にはえています。
落ちた葉がスポンジのような土を作ります。
雨が降ってそのスポンジ土に溜められた水が緩やかに集まって流れだし、
川となり海に注ぎ込みます。

カニ、魚、アザラシといった生き物が川←→海を移動します。
産卵目的もあれば、アザラシのような迷い込みもあります。

葉の多い木から少ない木へ

その木は枝が広がって曲がっているので、家などの建築資材には利用しにくいです。
建築材料となるのは、もっぱら”針葉樹”という針の字の通り枝がまっすぐ伸びた
葉っぱの少ない木です。

スポンジ土が少なくなりますので、雨水は溜められずに一気に川にあふれ海に注ぎます。

洪水の一因は、商売として広葉樹を切り倒し、資材としてお金になる針葉樹林を植え直して
山林の状態を変えた事から始まりました。
そして、工業用水や飲み水の必要性からダムが作られ、川←→海がシャットアウトされました。

大きな川なら河口堰(かこうぜき)というものがダムと同じ役割をします。
生き物は川←→海の行き来が出来ないものですから、辛い日々が始まりました。
サケのように産卵時に冷たい川の上流を利用するものは、当然産卵するところまで登れません。

ダムや河口堰に生き物が行き来できるなんらかの道を作ってあげるのが
産業文化の優しさですね。または不必要なダムは作らないとか。

#なんらかの道=魚道と呼びます。貧弱なものが多い。

TVや新聞などで「ダム反対!」というのは、水の需要が少ない場合
(大変お金のかかる)ダムを作ろうとする人達に対しておきます。

どうして作りたいのかは一部の方々のポッケにお金が入るからですが、
そうとう説得力のある人がスタッフにいないと、争いが大きくなるだけで収まりません。
推進側の方々は、まずはスタッフの見なおしから始めよう。大人の世界は大変デス。

(注:特に作者は環境問題にウルサイ訳ではありません)


海岸侵食とは?

かなりの長文で読みづらかったかもしれませんが、
ダムの裾野は広く、砂浜が少なくなったというのも、その一因(影響)です。

現在、砂浜を守ろうとする為、消波ブロックの投入や他の場所から砂を引いてくる
巨大なパイプラインの設置など、多くの対策研究が進んでいます。

ダムを無くす事は、経済や国家プロジェクト変更で難しく、
結果、現地方面でのブロック投入や砂を引くパイプラインでの新しい事業が発生する…。

なかなか難しいテーマです。

サイト主旨は「山と海には関係があるんだよ」程度ですので、専門サイトに詳しい話が沢山あることでしょう。
興味を持った方は、そういうサイトさんで交流を。

▲正確に書き始めると広葉樹とは?針葉樹とは?の定義から始めなければいけない…。



釣り総合JALへ     サケ科遡上魚生態サイトへ