湖について

深い湖は未知の世界!?

湖の深いところは海と違って死の世界です。
湖沼に対しての学識は、海とは全く異なります。
海は海洋学。湖沼は陸水学といいます。

池・沼・湖の分類

=水深5m以上。

=水深3m以内。水底全域に水生植物が繁茂。

=水深3m以内。水底には水生植物が殆ど繁殖していない。

沼沢=水深1m内外で水生植物がある。

火山湖=酸栄養湖。
(例:青森の恐山湖、福島県の五色沼)
硫黄などが多く、一般的に魚などの生物はいないとされている。

その他=ダム湖、塩水湖。
ダム湖は人造湖というだけのことであり、塩水湖は、塩分濃度によって
全く異なる環境になるため統一された見解は不可能。

ご注意@=火山湖では、魚が住まないと言われていますが、
実際には前出の五色湖でさえ、魚が飛び跳ねているのを確認できます。

ご注意A=水深4mの陸水は何ですか?とツッコミしないでネ。



陸水(湖)の生成と衰退

(引用:鈴木静夫著「日本の湖沼」)

今は湖であっても、いつかは池や沼になっていきます。


生物が住まない湖では無い塩水湖・火山湖

よく火山湖や塩水湖は生物が生息していないと言われますが、
実際に調査をしますと魚が豊富に生息している事が多いです。

日本の五色湖のように他の魚も生息していると、
実は生物相は結構あると考えた方が自然と思います。

生息範囲の強靭さを考えるとウグイの仲間、
そういう魚じゃないと棲めないほど塩分が濃いアルカリ性。
ウグイというのはコイ科の中で最も頑丈で河口〜渓流まで棲んでいます。

北海道の屈斜路湖(火山湖)

湖底で火山の噴火があった為、生物が住んでいないとTVの調査では言われています。
しかしながら、私の知人はじめ多くの釣り人が、大きなニジマスを沢山釣っている様です。
降湖型(スチールヘッド)クラスの綺麗な美味しいニジマスだったそうです。

たった水深数mで無酸素

海と混同される知識の筆頭に、酸素の分布があります。

湖の数十mや数百mの水深には、海と同じ様に、
深海魚っぽいのが居る!という誤解。

湖の深層部分は、死の世界です。

海では海流によって、水底には酸素があります。

かなりの貧酸素状態ですが、何千メートルもの深さに、
深海魚が生息できるほど酸素があります。

ところが、湖には数メートルで酸素が欠乏します。

理由は対流がないからです。

太陽の光が届く範囲の植物の生育圏を超える深さには酸素が欠乏して行き、
湖底では無酸素状態になります。

なんとか生息しているのはイトミミズやユスリカの幼虫ぐらい

火山湖などで「生物は居ない」となっているところは、
水深深いところをソナーなどで調べているケースが散見できます。

調査の仕方が間違っているだけで、
水深が深いところを調べているだけでは、
どの湖にも魚は居ないとなります。

対流が起きない理由に、湖では水面下数メートル(6〜10m)のところに
冷水の塊の断層(専門的には躍層といいます)が出来ます。

これはどの湖にも当てはまります。

真夏で表層が20度近くまで上昇しましても、
その断層で温水(対流)がさえぎられます。

それゆえ、深くへ酸素も運ばれていきません。

湖での水泳が危険なのは、その断層が上昇してきた時に、
急激に冷水を浴びた筋肉がマヒして溺れてしまうからです。

一方、魚は湖岸に避難しますので、
釣りをする場合バカ釣れします。


白樺湖の調査では、

夏の8mの水深溶存酸素はゼロでした。検査機器での調査データ。


この無酸素状態は、魚をはじめ、昆虫、軟体動物、
両生類が住めない事を意味しています。

生物達は、基本的に躍層の上にしか住んでいません。


オマケ:海にも有るぞ、貧酸素のエリア

湖だけではなく海でもあります。

海底の貝などが死滅し死の世界になるヤツです。

理屈もしっかり解説しますので
詳しくは「海の科学」の章まで読み進めて下さいネ。

更に湖とは何か?を勉強して行きましょう。

また役に立たない知識が増えてしまったぜ…

とお思いの貴方!いえいえ、一応役立つことがあります。


実に多くの方が湖と海を同一視しています。

湖も海も似ているから仕方が無いです。しかし、ちょっと悪い事があります。

日本最大の琵琶湖ですが、毎年25〜30名が亡くなります。
すこし多いと思いませんか?あなたの近所の海水浴場ではどれぐらい?

海と同じ様にジェットスキーで沖へ行ったりして泳ぎ、上層に張り出してきた
冷水塊(躍層)に触れて筋肉が麻痺して溺れる事が多いのです。低体温症もある。

友人知人にも教えてあげてくださいネ!

心臓マヒ=冷たくなった血流が心臓に入ると心臓マヒ。この場合は溺れる。
鼻から水を吸い込むと体の動きが止まって溺れる事もある(プールなど)。

低体温症=冷水に体が触れていると、どんどん体温が奪われて最後には死亡する。
初期は、唇や体の震えが止まらず、握力もなく物が握れなくなる。経験有る人もいると思う。
内蔵まで冷たくなる数十分で死亡。空気中より冷えるのが早いです。

冷たい水に投げ出されたら、なるべく体を水から上げること。
(船の沈没などでは、冷水の場合は特に、濡れていても浮遊ドアなどによじ登る事)



風呂で亡くなる人は年間5000人!

風呂場で亡くなる人は、なんと!約5000人もいらっしゃいます
(厚生労働省資料:人口動態調査)

冬にドボンと入ったり、体に冷水をいきなり浴びたり…。
(警察発表の)交通事故の死亡者数の半分近くもです。
狂牛病やHIV(エイズ)よりもずっと多い…。

マスコミが取り上げないのは何故でしょう?温泉好きの日本人ゆえ、温泉で亡くなる方が
多いと言うのが関係しているのかな(温泉旅館は一気に閑古りますから)。

とにかく温度差には、ほんと気をつけましょう!!


だから釣れなかったのだ!!!

釣り人の中でも「深ければ深いほど大物が居る!として、
湖の深いところに仕掛けを落としているケースがありますが、
海と違って深いところには魚は居ませんから釣れません。

意外と知られていない湖の科学です。

酸素って、どれぐらい必要なのでしょう?

今あなたが吸っている空気の中には、平均して21%の酸素が含まれています。
酸素不足になる事はありません。我々の肺はだいたい酸素の20%を利用しています。

しかし、水の中では深刻です。生物が多ければ直ぐに酸素が無くなってしまいます。

どれぐらい含まれていれば生きていけるのでしょう?
また、魚のエラはどれぐらいの酸素を利用できるのでしょうか?

知れば知るほど、想像を絶する水の中の世界!!!!

人間が水中で呼吸の出来ない理由は酸素量が少ない為。

含有の酸素量をふやせば水中でも呼吸OKなのですが、
理屈はあれど、現実には出来るのか?

SFの深海ものでよく採用されている水の中で呼吸するやつ、
科学的な基本を知ればより楽しめます。

酸素の拡散

1、意外と遅い酸素の拡散

酸素が水に溶け込むといっても、分子のまま水にありますので
想像以上に溶け込む物理的速度が遅いです。

1年間にわずか6mの拡散距離しかありません。

光合成の拡散で水深10mの溶存酸素量を0.4PPM(0.4ミリグラム!)に
引き上げる為には、ある学者の試算では600年もかかるそうです。

もちろん、生物が居れば酸素を消費しますので、
拡散はさらにきつくなります。

湖の酸素の拡散は他からの力(雨風・流入・湧き等)で左右されます。



2、湖の底で海と繋がっているケース

Q、海と繋がっている可能性があるので、通常の湖と断定できないのでは?

A、河川では「塩水くさび」という現象が河口で起きます。
上は淡水、下は海水というものです。

川に海の魚が上ってきたということがありますが、
このために可能なのです。

もしも湖が海と繋がっていた場合、下部は海水になりますから、
酸素の分布は”あり”となります。

海に生息する魚(タイとかヒラメ)が漁獲された話があれば、
可能性があるのですが。



3、透明度が少ないと酸素はもっとキツイらしい

Q、透明度の少ない湖では、もっと酸素分布は少ないのでは?

A、そうですね。

光が届きにくいわけですから、
光合成での酸素分布は一般の湖よりも貧困だと考えられます。

透明度の条件については「海の科学」で「光の届く範囲」で簡単に扱いました。
まぁ、色々と条件があるんだというわけで、簡単にはいかない難しさ。




4、溶存酸素の計り方

Q、酸素分布はどうやって調べるのですか?

A,専門的な機械は、魚群探知機よりもはるかに高価で20数万円します。
もっと正確なのだと60万円オーバーもざらでした(当時)。

我々が手軽に調べる方法としましては、調べたい位置の”水の色”を見ます。
植物性プランクトンが存在するかどうか緑色をしているかどうか…を。

水の採取は、ビンに長い棒を付け、フタに紐を結び付けます。
これを沈めて紐を引き、水を採取します。

白い紙をバックに色を見ます。

正確な酸素量を測るのは手術でも使う(指を挟む)SaO2(今はSpO2)測定センサーなど
多々ありますが本当に値段が高いので素人さんが手に入れるのは難しいです。
ゆえに、原始的なやり方を紹介しています。

PS:緑性ではなく、茶色の藻類などで強いものが深部に存在しますが
魚が生息できる酸素量を作り出すにはパワー不足で、
やはり外部からの物理的要因が必要になってきます。緑で充分の理由です。



5、火山湖の底から出ている酸素って何?

Q、火山湖では湖底から温泉と共に酸素も出ると聞いたのですが?

A,よく勉強されていらっしゃいますね!

火山から発生するとしますと、酸素は酸素でも活性酸素というものと思います。
これは酸素と付いていますが毒でして、人間も微量の活性酸素を摂取しています。

老化と言うものは、体がサビてくるということですが、
原因はその微量の活性酸素です。

大量に摂取しますと、生死に関わる時も有ります。

ちなみに湧き水が出ているからといって
酸素が豊富に含まれていそうですが
涌き水自体に酸素が含まれているかどうかも要検討



6、釣り本などの記載

Q、ヒメマス、ビワマスの釣りのタナは20m前後と聞きました。

A,湖の陸封型のベニザケ(ヒメマス)と
ビワマス(琵琶湖特産:サツキマスの亜種)は
冷水を好んでいて、冷水塊(躍層)付近に住んでいます。

躍層が深い時はそのタナに、
浅く張り出した時は数メートルにタナは変わります。

太陽光線が注ぎますので、タナが浅い時は食いが悪く、
深いときは食いが立ちます。

冷水塊に支配されています。

時には大変な深さに行く時がありますが、
ルアーなどを追って行くので釣れます。

釣り雑誌でタナは深いという説明がされている為、
広がった知識と思われますが悪いわけではなく、
私自身も実際に水深25mで釣れたという話も釣り師から聞いています。

(わたしも20m前後から釣り上げた経験があります。)

あくまでも私の経験談であって酸素分布を調べたわけではありません。

釣り本に書かれているタナなどは湖の科学ではなく、
執筆者の経験がメインです

まぁ、釣る時は船外機で動いていますから
糸も流れ正確な深さでもないですケド…。

冷水の湖は対流温度もポイントです。どんどん読んでください。

次は湖の透明度、底に生える植物など重要なデータを確かめます。

人の見聞だけではダメで、科学的資料に当たるのがベスト。
その資料は何を見れば良いのか、何を選択するのか、
どこの研究機関が研究を行っているのか。

自分自身で調べると、大変骨が折れる作業です。代わりに資料を集めました。
そこからスタートしましょう。


実際のデータを当たって見ましょう!

7、湖の深さと透明度の関係

長野県水産試験場調べ



浅ければ浅いほど、透明度が低くなります。

世界各国の深い湖



深い湖は30〜40mもの透明度があります。
深ければ深いほど、透明度が良くなるのですネ。


ネス湖は平均水深200m。最大水深230mの急深のV字型のすり鉢状の湖で
深いので、透明度は高いと考えれます。

しかし、周りの土砂が入って視界は悪いそうですから、大規模に流入する
「川か滝」があるのかな?と思います。

又は、現実に自分が調べてもデータが有りませんでしたから、
ネス湖は一般の湖のように透明度があると考えても良いデス…。



8、冨栄養湖と貧栄養湖って?

貧栄養湖⇒動物性プランクトンなどが少ない⇒透明度高い

冨栄養湖=動物性プランクトンなどが多い⇒透明度低い



一般的生態系(図引用:森秀人著「釣りの科学」)

動物プランクトンは植物プランクトンを食べます。植物プランクトンは塩類を食べます。
塩類が豊富だと、食物連鎖がたいへん。水をすくうと、ミジンコやらがウヨウヨ。

基準値(リン酸塩や硝酸塩が含まれる値:塩化化合物と呼ばれるグループ)

・貧栄養湖:10〜50ミリグラム/立方メートル
・冨栄養湖:1000〜2000ミリグラム/立方メートル

けっこう基準値に幅を持たせています。
海と違って湖は調べる場所によって差が激しいからでしょうね。



9、水草の生えるエリアはバラバラ

調べる場所は、水草類が育っているところと、急深で植物が生えていないところなど
幅広く調査しなくてはなりません。本当に手間はかかるし、たいへんたいへん。



↑植物の分布。

遠浅のエリア、日が長く当たるエリアには植物が一杯。

塩類が低い日本の河川

さて、日本の陸水は世界に比べて塩類が低いです。

淡水(陸水)の塩類は100ミリグラム(=100ppm)程度。炭酸カルシウムが多いです。
日本の陸水は、世界に比べて塩類が低く70ppm程度。
山が多く距離が短い日本の川は、一気に海に注いでしまう為です。

魚類などの生物を他国のように豊富にして、安定して育たせる為には、
塩塊を川の上流にぶち込んで、塩類を増やしてやれば良いかもしれませんネ。
お金がかかりますが。ギャグですから本気で理屈を考えないようにネ。

水に含まれている酸素(20度前後)

空気や水には酸素が含まれていると簡単にいうけれど、
調べてみれば恐ろしいほどの違いが分かる。

知ってる人は”そのジャンルの”研究者しか居ないんじゃないかな。
(聞いても忘れるだろうし)

温度によって多少の差が出ますので20℃で計測。

酸素の含有率
海水=約0.004%
淡水=約0.005-0.006%
空気=約21%

ゲゲッッ!

空気と比べて、ほとんど無いのと一緒じゃないですか〜〜〜!
考えてみれば、よくこんな世界で生きてられるものですね。

生物って不思議です。

淡水の方がいろいろ含んでいる海水よりも
ちょこっと多く入っているんですネ。

最初の頃に書きましたけど
人間は21%の酸素が含まれる空気を吸って、
その20%を利用しています。

魚はホンのチョッピリしか含まれてない水で呼吸していますから、
どれぐらい利用できるのでしょう。

⇒なんと!魚のエラは80%もの酸素を利用できます。

←エラはF-1エンジンなのさ。(写真はフナ)

すごいでしょ。

見てのとおり水の酸素は空気に比べて思いっきり少ないです。

だから滝や波の当たる場所などは他のエリアより酸素が多くなりますから、
魚が集まる好ポイントなんですネ。
もちろん、エサの流入というのもありますが。

こうやって見ますと釣りでもなんでも科学的根拠があるんですな。


釣る時に「空気を吸わせろ」の理屈Part1

大きな魚を釣った場合、合言葉のように言われるのが「空気を吸わせろ」という言葉。

これは実際に魚が空気を吸って弱るのではないのですが、
理屈にすこぶる合っています。

上で述べたとおり、魚のエラというのは効率の良い器官であるため、
いつも吸収・排泄がスムーズに行われています。

本当にF1エンジンみたいなものです。

魚を空気上に出すと、ふわっとしたエラ同士が引っ付いてしまい、
排泄物が溜まってしまいまして、いわゆるアンモニア中毒になってしまうのです。

知識が無くても真理を見抜く釣り人の観察眼というのは、すごいものです。

魚にとってエラがF‐1エンジンのような器官と考えれば、
水質の変化は驚異ですよね。

ちょっと水質を汚濁させれば見事に全滅!?というほどアッという間。
だから洗剤やゴミ投棄などをしないでね…と呼びかけられている…

…かもしれない。

(いや多分知らなくても呼びかけるし)


<ここまでで扱った項目>

1、酸素の拡散(物理)は想像よりキツイらしい
2、湖の底は穴で海と繋がっているのは大問題
3、透明度が少ないと酸素はもっとキツイらしい
4、溶存酸素の計り方
5、火山湖の底から出ている酸素って何?(活性化酸素の誤解)

6、深さと透明度の関係
7、冨栄養湖と貧栄養湖って?
8、水草の生えるエリア
9、淡水と海水。どっちが多く酸素を含んでいる?
10、魚のエラは、XX%も酸素を利用できる!



湖は4℃で対流が起きる

4℃で対流が起きるのですね。
冷水湖で有名な湖には怪物は居るかも…。

最後のほうで「サツキマス」研究を紹介します。
琵琶湖のビワマスと仲間の貴重な魚。

進化の過程の調査中に琵琶湖は調べてきましたが、
様々な資料を紐解くうち科学者の資料でバラツキが。
微妙な所が有りました。

琵琶湖の場合、何故下部に酸素が運ばれているのか、
その点を勉強するともっと全体像が見えてきますよ。

興味を持って学んでみる…それがキッカケになれば嬉しいです。



釣り総合JALへ     サケ科遡上魚生態サイトへ