鉄のウロコを持つ貝参上!!!

身近な貝では、亜種や新種発見が、かなりあります。

深海に適したもの、岩にくっつくもの、淡水で頑張るもの、
河口・汽水域(海水3分の1)で頑張るもの、巻貝、陸上に出たもの。
貝は本当に色々な所に住んでいます。

金銀パールという3種の宝、その一角のパール(真珠)を作るアコヤガイは有名です。
あとは食卓にのぼるハマグリ、シジミ、アサリ。アサガオと似合うカタツムリ。

高級食材アワビ、茶の間の人気サザエさん。
この辺りが「貝」と聞いて誰もがさっと思い浮かぶ筆頭でしょう。
巻貝が退化したウミウシ類、オウムガイなど一般的にはこれで充分です。

貝というのはあまりにも多い種類ですから専門家以外はサッパリ。
そして貝を調べる学者は、あまりのインパクトの無さ、世間さまの反響の無さに
他の研究をしながら貝を調べているという現状。

食卓以外で活躍できる場がありません。

キングオブ地味学者。悲しき存在に光を!!!

ということで日々他人とのバトルなどで暇を持て余している方々は、
時には図鑑を紐解いて手近な海湖沼河川で貝殻を調べてみると良いです。
多分、十年は暇つぶしが出来ます。貝学者の役にも立ちます。

(友人の学者によると、冗談ではなく真剣に人手もお金も無く困っているそうですよ)

最近の大発見に続け!

今を遡る事20世紀の大発見は海底の温泉の硫黄(イオウ)を利用して
群生しているグループが見つかったことでした。
普通は光合成で、二酸化炭素や酸素です。

そのイオウを利用した生物、ハオリムシ…などの生態系があることは、
この科学始まって以来の大発見。まだまだ解明しつつある…という段階です。

←ハオリムシ君。

そのハオリムシを凌駕(りょうが)する生き物が発見された!!!
インドの海底温泉街で「足に金属のウロコを持つ貝」です。

なにそれ?貝の足にウロコがあるの?しかも鉄製???

にわかに信じがたいこの名前、本当に居たという事です。

鱗に覆われた足をもつ貝←Asahi.com(米科学誌サイエンス)より

Asahi.comの記事から=リンク切れにより転載しました

足を覆う硫化鉄の「うろこ」 新種巻貝、インド洋で発見

インド洋中央部の熱水が噴き出している海底から、「うろこ」に覆われた足をもつ新種の巻き貝が見つかった。魚類、爬虫(はちゅう)類など脊椎(せきつい)動物のうろこは、体表保護や乾燥防止が役割。この貝の場合、サザエのフタのようにして捕食者から身を守る効果などがあるらしい。

スウェーデンと米の研究者が7日付の米科学誌サイエンスで発表する。

巻き貝は5センチほどの大きさで、うろこのある足は、ヒラヒラした飾りに覆われているよう。

うろこの主成分は硫化鉄で、体の骨格に硫化鉄を含む生物は初めての発見。硫化鉄は熱水中に豊富に含まれており、巻き貝は独特の環境に適応し、この硫化鉄を利用できるように進化したらしい。DNAや形態の解析から、比較的最近に進化したとみられる。 (11/07 03:02)

貝もとうとう医学に影響する破壊力を身につけた!!!

「金属中毒にならないのかなぁ〜」

金属と言うのはホンの少しなら我々の血液中でも有用な物質です。
分量が多くなると毒になります。

鉄を体にまとうほど持っていたら、毒が強くて死んでしまうのが一般的な感覚でしょう。
この貝も生物なわけですから、死なないためにどうやって回避しているのでしょうか?

そこから想像を膨らますと面白いです。

方向を変えてみれば金属アレルギー治療法の足がかりをもたらすかもしれません。

現在、金属アレルギー疾患は難度の高い重要な医学課題でありまして
腕時計でも金属反応の低いといわれるチタン製ケースが採用されたり、
細かい部分で、なかなか苦労している難関。

急にアレルギーが出た〜という方が原因不明で病院を転々とすることがあります。
原因は歯の治療に使われた金属だったりしした事も。

言われればなるほど!!!この鉄の足を持つ貝くんは応用出来るかもね。

硫化水素のヘドロを無くせたらダイビング・レジャー

この貝が住んでいる海底のイオウ環境については「海の科学」で書いていますが、
正直研究が進んでいるという段階ですから分かっていない事が多いです。

イオウという毒素を利用し、無毒化する生物たちが居るのは事実ですから、
何かに応用できないでしょうか。ちょっと考えてみました。

一般的に馴染みのある”イオウ系”は硫化水素で発生するヘドロです。
特殊な生物たちがイオウを無毒化するシステムを解明し、何らかの科学に応用できれば
工業排水や河口堰などで出来たヘドロを無くすことが可能になるかもしれません。

東京湾、大阪港、名古屋港でダイビングが出来たりするかも。

科学というものは夢があるものです。しみじみ。
(少々飛躍し過ぎか)


ふとその辺に生えている植物でも、すごく役立つものだったりします。
見る人によって発見できたり、踏み潰されたり。

新世紀に入ってスゴイ生物が見つかりつつありますが、まだまだ地球は不思議。

←そういえば新種のカエルもありました。

写真:たまたま現地に居て「これはスゴイ」と発見したS.D.Biju博士撮影(1998年)。
カエルって4,800種も居るらしいのですが、全ての種に当てはまらなかったそうです。
2003年末に遺伝子調査の結果、1億年前に固定されたタイプとのこと。

4,800種も覚えれません(汗)



表紙へ