アオヤガラ90cmを釣った

淡水のエリアでは幽霊が出るんじゃないかとこわ〜いのですが、
ところがどっこい海水のエリアはバッチリ大丈夫です。
幽霊なんて感じないですし真夜中にたった一人で真っ暗でもOK。

ふっ、余裕です。


(愛知県碧南市中部電力温排水溝を利用した海釣り公園)

ウオラァ〜〜〜ッッ!  ←当時ファンだった人の口癖

根がかりだったら竿がパーフェクトに逝ってしまうよ級の合わせを食らわせる筆者。
釣れてくるのは小さなヒイラギ(ゼンメ)やコトヒキ、フグばかりです。
「やっぱ、海は夜じゃなくっちゃダメだなぁ。昼間は小魚ばっかりで…。」

小さなアタリ…「!」

ウオラァァァァ!!

当時、同じ釣り雑誌で執筆されていた方の口癖(気合)が移ってしまい、
愛竿のサッチャン4号も(根がかりの時にやって)逝ってしまい、
新しく手に入れたサッチャン5号も一生懸命私の気合に耐えています。

小さなアタリ…「!」

オラァアッ〜〜〜!!!

小魚は全く抵抗出来ず、勢いよく空を飛んできます。

「ゴメンな。」

と丁寧に傷つけないよう針を外し海に返してあげます。

「大きくなったら、また会おうぜ。ニコッ」



小さなアタリ…「!」

「チッ、またか…」

オラオラオラ ウオッッラャァァァァァァァァァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!!!!


(オイオイ、何だか違うぞ!作者!!)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100回続く

シーラカンス探索に当時知人・友人・同僚を巻き込みまくっていて、
昼間の温排水海釣り公園に来ています。休みの日なので、他の釣り人も多いです。

夜に大物の微妙なアタリが有っても反応できる様に、
8mのサツキマス竿を応用した新開発釣り技(シーラカンス・バージョン)では
小さなアタリでも反応します。
大物がかかっても、竿の弾力で細い糸ですら意外と楽にあげることが出来ます。

他の釣り人よりも、長い竿で細かく探る事が出来る為、
周りが釣れなくとも自分だけは釣れるという大変美味しい釣り方です。
(長くても、アユ竿ではアタリが取り難いからダメ)
しかし昼間は、それがアダとなり、小魚のアタリでも思いっきり体が動いてしまいます。

「オラァァァァァァアアアアアア!!!」

ところが事件が起きました。

小魚に興じていた我々をよそに探索に参加し遠くでノンビリとしていた女の子が

「何か変なのが掛かったよ〜〜」と叫んでいます。

その女の子には軽い6.3mの渓流竿ポピー3号を渡してありました。
ウキ釣りでえさはエビでした。ウキ釣りゆえ大型の魚が掛かるとも思えず…

「初心者は普通の魚でも変になっちゃうから、まぁ普通なんだろう」

見ると竿がぐにゃっと曲がっています。
近くに居た釣り人も防波堤の下を見ています。大物のようです。

昼間なのに、ウキ釣りなのに…と衝撃を受けた自分でしたが、
自然というのは簡単に解釈できるほどスケールは小さくないということでしょう(笑)

おっと余裕をかましていてはいけません。

一般渓流用の小魚向けの竿ゆえ弓なりに曲がってしまい苦労しています。
すかさず駆け寄り「俺に任せろ!!」とポピー3号を彼女から受け取ります。
徐々に上がってきて、ウキが見え、細長い魚が水面下に見えてきました。

おおっっ!ヘンだぁぁ〜〜〜。

釣れた時のパニクリようと言ったら、それはそれはスゴイものが…。
釣り人の多かった休日だった為、50人ほどの人だかりが出来ました。

・シーサーペント型。

・尻尾は細長く先細り。

・全長90cm

・色はどす黒い青。

・淡水のアリゲーターガー系ではない。






この魚、クドイですが全長が約90cmの大きさです。

オヨヨ!!









丁度120cm水槽に別の大物が入っていた為、空いておらず90cm水槽を用意、
上の怪物は全長と水槽幅が同じなので斜めに。ご、ごめん。
イシダイがちょっかいを出すものですから隔離壁まで入れ余計に狭くなってしまいました。。



…って、その前にそう!生かして連れて帰ったのです。
ついでに東海釣りガイドの記事にもしてしまいました。



ストレートに書くわけにはいかず趣旨の違う記事の中にコソッと書いていた私。

温排水では暖流で流れてきた意外な魚がかかることがあります。
越冬しようとする為、集まるんですね。
今回の魚、防波堤で90cmほど大きなものは珍しいですが、
小型のもの(30cm)は過去に釣れた事が有ったらしいです(釣具屋のオヤジさん:談)。



さて、この奇妙な魚は何だったのでしょうか?



…って、答え書いてあるし。




表紙へ