3000mも潜る事が出来るマッコウクジラ

頭がデカイ、奇妙なクジラの代表格マッコウ君。
Sperm Whale
Physeter macrocephalus(学名)
歯鯨亜目〜シャチ等も含まれる歯クジラで最大。

5年前後の周期で繁殖行動をとります。

←マッコウクジラ・NEWTON別冊より

映画”白鯨”の主人公で人間の執念を打ち破る自然界の代表選手で活躍、
鹿児島で打上げられる集団クジラで行政はじめ助けなくてはという悲劇の対象。
色々な謎が詰まっていますので、特集でお送りしましょう。

←アラスカでの解体作業。

↑写真:アラスカプラット博物館

←鹿児島県・加世田市の海岸にて16mの個体が打上げられた。

←まだ生きてたので…

←触ってみたくなるのが性

↑CBCテレビ「ユーガッタCBC」ニュース報道より

しかしなぁ”釣り”じゃないじゃん。…読者は思った。

まぁまぁ、ちょっと待ってくださいよ。

マッコウクジラを調べると、意外なことに様々な世間が見えるのです。
とはいえ、マッコウの基本を知らねば語る事も出来ません。

イカやタコと戦っているマッコウクジラの絵を見た人もいらっしゃるかな?

オオイカ対マッコウクジラ。

なぜシロナガスクジラやシャチじゃないんでしょうね。
それを説明するヒントがマッコウ君の解剖学には隠されています。

そしてマッコウクジラは2,500m以上もの深海まで潜れます。
どうしてそんなに潜れるのでしょうか?

また、なぜ潜るのでしょうか?

ちょっと注意なのですが他のクジラはそこまで潜れません。
不思議ですよね。その秘密はあのでっかい頭です。

←デカイ頭の謎

↑学研:1992年12月1日発行より

<深く潜れる理由>

クジラやイルカの中でマッコウと同じ獰猛な肉食のシャチは、
体色がパンダのようで目立つぐらいで頭がデカイわけでもなく
他と同じような体系をしていますよね。

マッコウクジラは頭に”脳油”という油がビッシリ入っていまして、
海水を鼻から取り入れて冷やして頭の比重を高くさせ、
深層まで一気に潜れるそうです。

つまり深く潜る為にデカイ頭にオモリの役割をさせてるのですね。

一方、浮上する時は、海水を鼻から吐き出し、
血液を送って暖めて比重を軽くし”浮き”の役割をさせます。

←頭を錘(オモリ)のようにして潜る!!!意外な役割だ。

あのデカイ頭は、そういう役割だったんです!

<潜る目的>

ダイオウイカなどの巨大な軟体動物は、
自身の遊泳力だけでは体を支えきれない事が多く、
海底へ沈降していってしまいます。

←すぎもとたけしさん提供写真

体の中を海水と同じ密度にして(主にアンモニア)、
海水と吊り合わせて浮いているのですが
素早い動きが出来ない、そういった巨大生物を捕らえて食べる為に、
肉食のマッコウクジラに備わった能力と思います。

一般のクジラ・シロナガスクジラなどはプランクトンを食べる為、
わりと表層を遊泳しています。

シャチもわりと表層の魚を食べています。

マッコウ君は呼吸を1時間も止めれるそうですよ。



↑写真:アラスカプラット博物館

ゾウアザラシも舐めちゃいけない。

ちなみにゾウアザラシは繁殖期以外は殆ど海に住んでいますが、
近年の研究によって2時間の呼吸止め2,000mまで潜っていた事
追跡装置のデータから分かりました。

泳ぐスピードがマッコウクジラよりも遅いため、
2時間潜水と多く時間が掛かっています。

この研究は日本を中心に行われています。

ホントにどうしてそんなに潜るのでしょうね。

それは海棲生物の上下移動にも関係が有ります。

昼は深く、夜は浅くという基本上下運動が海の生物にはある…ということと、
お腹を満たす大きなエサは深いところに居る傾向がある…ということを
理解してくだされば良いです。

←なんと2,000mも潜れるぞ!!!

どうして潜るのか、他にも潜れる哺乳類が居るのか?などは
研究が進行中ですから未だ詳細は分かっていません。

正直、この辺りの生物については
分かっていそうで分からないことが多いです。

マッコウクジラから得る知識:体に豊富な脂がある

深海↑↓上層を目指す多くの大型生物にはマッコウクジラのような
油が体に豊富に存在しスムーズに潜めるでしょうね。

←油タップリ。マッコウクジラの特徴です。

先端に有る丸いのは、前庭嚢(ぜんていのう)といって特殊器官です。

餌を気絶させる音波とかを出しているんじゃないか?などと説がありますが、
マッコウクジラだけに見られるトッテモ不思議な器官。

クジラの利用

人類の長い間、ロウソクや電球が発明される前は、
クジラの油に火をつけたランプが夜の生活には欠かせませんでした。

捕鯨は、食用のほかに、この様な重要な理由がありました。

王侯貴族の豪邸には、まだトイレはなく、もっぱら庭で
そのランプを持って用を足したとの事デス
(エリザベス女王やマリーアントワネットも…)。

スイッチを入れれば明かりが付く時代までは、
1頭でたくさんの油が取れるマッコウクジラは、
かなりの高値だったようです。

明かりが電気に代わると、捕鯨の重要性は食料だけになり、
それなら他のものでも充分な為捕鯨が縮小されて行きました。

メル・ヴィルの名作「白鯨(モビー・ディック)」は、
巨大な白いマッコウクジラが主人公でした。

↓アラスカでの解体作業。

写真:アラスカプラット博物館



1921年アラスカで水揚げされたマッコウクジラ。
約50トン。体長21.6mだったらしい。

昔の測定は、体に沿って湾曲して測っていたケースもあり、
正確でないものも有ります。

迫力ありまくり。



解体されて骨になると、こんな風↓

←頭がヘン。



日本始め、世界各国で打ち上げられるマッコウクジラ。

集団自殺の正確な原因は判っていませんが、
原因が判らなくても現実に起こります。



海に戻しても再度戻ってきちゃったりして、また打ち上げられます。

砂浜を目指すだけに方向感覚は狂っていない訳ですが、
どうしてなのでしょうね。

<マメ知識>

クジラの年齢の測り方:肉食である歯クジラ類はマッコウクジラをはじめシャチがいますが、
年齢を計る場合には徐々に成長する”歯”の断面の層を調べます。
年輪のように1年に一筋の層ができるので、それを数えて推測するとの事です。

一方、歯のないプランクトン食のヒゲクジラ類にはシロナガスクジラやザトウクジラ、
日本近海に馴染みのあるコクジラが有名ですが、彼らには歯がないので、目の後ろにある耳、
その中にある塊=(耳石というが、世間的には耳クソ…)の年々積み重なって出来る層を数えます。

シロナガスでは120年を超える人間並みの長寿を誇っているそうですよ。

クジラの「ひげというのは、普通にいう[ひげ]とはまったく別のもの。

クジラは海に戻った哺乳類で、その移動の何らかから歯が退化してなくなり、
上あごの歯肉の部分が逆に進化して、人間で言うと爪のような角質
口内に並んでいるのです。

プランクトン(主にオキアミ)食に都合がいいように出来てるのですが、
魚のエラのように水を濾して(こして)、プランクトンだけを取り出します。

クジラ類の中では意外と少数派で、超有名なシロナガスクジラ、ザトウクジラを筆頭に、
ナガスクジラ、イワシクジラ、ミンククジラ、セミクジラ、コククジラなどがいます。

ヒゲクジラ亜目は10種、ハクジラ亜目は66種(マッコウなどの普通の歯のやつ)

年齢を計る方法は次のページで紹介しますけど、
クジラの体重を量る方法は科学の章で扱いますので、読み飛ばすと勿体無いよ。
(知識がバラバラに入っているので、読み通さないとダメなの。ごめんなさい。)

ちなみに動物の体毛は、爬虫類などのウロコ、人間の産毛、鳥の羽、みんな同じ進化、
皮膚から変化して出来たものなんだ。

最後に2004年の年末に出されたニュースを貼っておきます。
世間では「もう解明されている」と思われている集団座礁の理由は…?

<クジラ集団座礁>原因は海底探査船の音波? 謎深まる

 【シドニー田中洋之】
オーストラリアのタスマニアとニュージーランド北部の海岸で
クジラやイルカの集団座礁が相次ぎ、その原因をめぐって憶測を呼んでいる。

 タスマニア北部のキング島で先月28日、ゴンドウクジラ72頭とバンドウイルカ25頭が
砂浜に打ち上げられて死んだほか、翌29日にかけてタスマニア東部のマリア島で
43頭(うち19頭死亡)、ニュージーランド北島のコロマンデル半島で
73頭(うち53頭死亡)が座礁した。

一帯は鯨類が多く生息しており、豪州では年間100〜150頭が座礁しているが、
2日間にこれだけ多数が確認されるのは極めて珍しい。

 原因について、シドニーにある国際動物福祉基金(本部・米国)の
アジア太平洋事務所は、タスマニア沖で行われている
海底の石油・ガス資源を調べる探査船から発せられる音波が
鯨類の行動に影響を与えた可能性を挙げる。

このほか、地磁気の変化で方向感覚が狂った▽天敵のサメやシャチに追われた
▽エサのサバやイカが移動するのにつられた▽南極海で潜水艦探知などに使用されている
軍事用ソナーの影響――などが指摘されているが、どれも決定的でない。
また3カ所での座礁に関連があるのかどうかも分っていない。

 豪州やニュージーランドは反捕鯨国だけにクジラへの関心は強く、
テレビや新聞は集団座礁について連日大きく報じている。
 地元の専門家は死んだクジラを解剖して調査に当たっているほか、
相次ぐ集団座礁を重視した豪州政府は原因究明のためにデータベースを作成することを決めた。
(毎日新聞) - 2004年12月3日0時11分更新

理由なんか既に分かっていると思っているのは、
”人類は全てを知っている”ような科学おごりじゃないかと思う。



表紙へ