絶滅順番や原因究明、カメ化石の不思議など

古代の絶滅種は本当に生き残っていないのでしょうか。
多少、進化して形状が変わっていても、
奥深い、神秘的な湖や海には生き残っていて欲しいです。

簡単!進化論(恐竜メイン)

当サイトでは複数の科学を数ページで解説する事にチャレンジしています。
その為、解り易く・簡潔に…を心がけていますが、
もし各項目で興味を湧いていただけたら専門書など詳しい資料に当たってくださいネ。


恐竜・魚竜・首長竜・翼竜の分け方ですが、簡単に言えば以下です。

恐竜:直立歩行・四つ足(2本歩行含む)。

←足が真下にスックと伸びるのが恐竜。ガニマタじゃない。

恐竜と普通の爬虫類の違いとは:

太平洋のガラパゴス島の陸・海イグアナや、
南アジア・インドネシアのコモドドラゴン(超大型トカゲ)は、
恐竜っぽいムード、顔つきを色濃く残しています。

知らない人は区別がつきにくいですよね。
「恐竜の小さいヤツって言ったっていいじゃない?」
「どうして恐竜じゃないの?デカイのに。」

ガニマタなので恐竜じゃなく爬虫類となります。

←トカゲ・ワニなど爬虫類は足が広がる。ガニマタ。

トカゲ↑同朋舎発行/角川書店発売分解博物館21:7,400円(税別)より

魚竜:ヒレ、首が短い。イルカに似た感じ。

首長竜:ヒレ、首が長い。プレシオサウルスのタイプ。

翼竜:飛ぶ…

まぁ、あまり区別に対しては意味が無い(=神経を尖らせるほどでは無い)と思います。

そんなものだと気軽にお考え下さい。

コモドドラゴン(1912年に捕獲・新種として学会報告)

過去の公式最大記録=3.13m(その個体の体重は166kg)

尻尾の長いオオトカゲ類には、もっと大きなものもいるらしい。
(シッポの長さによるので、コモドが最大でOKと思う)

公式記録ではなく過去の伝聞では、なんと6〜7mが目撃報告されたりしている。

学会報告前は怪物だった。しかし恐竜は発見される事がないのだろうか!?

進化発生の簡単順番

◆分かり難いでしょうから簡単にしました。(好きな人は⇒要参考書へ)

訳の分からない時代・・・・・バージェス動物群
    ↓
海水の軟体/節足動物・・・・・アンモナイト・三葉虫など
    ↓
海水の魚類A・・・・・軟骨魚類(なかなか化石に残らない)
    ↓
海水の魚類B・・・・・硬骨魚類(シーラカンス・ハイギョ系)
    ↓
淡水の魚類・・・・・腎臓が発達
    ↓
両生類・・・・・陸上へ上がる
    ↓
爬虫類・・・・・温暖な気候より、体温調節より巨大化を選ぶ
    ↓
恐竜・魚竜・首長竜・翼竜・・・・・爬虫類天国
    ↓
哺乳類・・・・・ネズミ・クジラ
    ↓
鳥類・類人猿
    ↓
コウモリ類
    ↓
人類

とまぁ、こんな感じです。
先に発生したものは、重なって進化しながら存在しつづけます。

◆空を飛ぶのを注目すると。

翼竜、恐竜の仲間
    ↓
鳥類、現代の空の支配者
    ↓
コウモリ、こっそり生きる控えの重鎮

うむ簡単すぎです。

<マメ知識>
恐竜の時代に哺乳類ネズミが躍進した理由の中には裸子から種子へ”植物の進化”がある。
葉っぱが枯れたらお仕舞いの裸子植物から、枯れても種が残る種子植物への変化は大きくて、
特に環境変化(隕石落下の火災など)で枯れあがった場所でも生き残れる連中、
つまり小形動物の哺乳類ネズミ系は落ちている種を食べて生きていけたと考えれる。

植物学者と一般生物学者、恐竜学者は中々交わらない。同じ学者でも離れたジャンルだから。
専門をずらすと無知と同様なほど専門は細分化しているので、素直にその専門学者に聞くのが良い。
様々な分野の連中が自分の見識レベルでトンデモとか言い合うよりも学ぶのが早い。
←首長竜:Edgarosaurus

写真をお借りした先↑:北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」

この首長竜のとてつもない首の長さをご覧下さい。
実物をイメージすると、キリンよりも首が長く、足が短い…(当たり前か)。
首長竜には、首の短い種類も発見されています。

←若干首が短い

↑同朋舎発行/角川書店発売分解博物館21:7,400円(税別)より

どうして首が長くなったのか、どういう点が生物学的優位にたつほど有利なのか
サッパリ想像がつきません。

卵はどこで産んでいたのか、砂浜へ上がるのか、海底や湖底で産むのか?
または、卵胎生(←卵をお腹の中で孵化させるやり方)なのでしょうか?
不思議、ふしぎ。
やっぱり、この時代の連中は只者じゃないです。

恐竜の絶滅

生き残っている可能性はあるのでしょうか?

絶滅の定義とは、それ以降生息していた痕跡が見当たらない事です。
古代のものは「化石が見つからない」ことが定義されます。

最近まで生存していた動植物の絶滅は
生息していた痕跡&目撃&捕獲報告が無い事です。
(ニホンオオカミ、タスマニアタイガーなど)

微妙な違いがありますネ。

恐竜の絶滅理由では一番有名な”隕石で絶滅した説”など、たくさんあります。

でも、注目すべきは、生き残っている魚・爬虫類・哺乳類・
鳥類・昆虫がたくさん居ること。

なぜか選択的に恐竜だけが絶滅しています。

細かく研究が進めば進むほど、最先端の科学として、この謎が立ちはだかります。

隕石の環境変化だけで推測するならば、生き残った生物達がいるわけですから、
恐竜だって、首長竜だって、生き残っていないと断言するのは難しいです。

私は「生物的に遺伝子が絶滅を選んだ」
という説が良いなと思っていますが、
これは「生き残ることは無い」に主眼を置いた考えです。

でも、この説に基くと、現在まで生き残る事はあり得なくなります。

前に触れている「クジラ、イルカの集団自殺」(マッコウクジラの項)や
「魚の不思議な集団行動」、「ねずみの集団自殺」からの考えですが、
現代のそれらが解明されていないわけですから、
恐竜なんてとてもとても分からない…というのがホンネ。

これ、特に注意点です。

なんにせよニューネッシーをはじめ、恐竜タイプが生き残っていますと、ちょっと厄介。
個人的には生き残っていて欲しいと期待していますが。

ただ恐竜時代の怪物が生き残っていたりしたら、
生物学界は悲しむと言うより逆に大歓迎。
一番喜ぶのは、頭が堅いはずだった学者たちです。

これ、ポイント。



絶滅の順番

恐竜絶滅の順番は、それぞれズレています。

1番、恐竜・魚竜

2番、翼竜・首長竜(プレシオサウルス系)

3番、海棲トカゲ系(モササウルス系)

何故か、首長竜は恐竜や魚竜たちより絶滅が遅いです。
理由は正確なところは未だ分かっていません。下記で少し述べます

---------------------------------------------------------------

絶滅原因がハッキリしている理由一覧

1、恐竜は気候の変化について行けなかった。(隕石落下など)

2、魚竜は、海に生息していたイカが少なくなった。

3、首長竜は、イカへの依存が魚竜よりも少なかったが…遅れただけでその後全滅。

4、海棲トカゲ系は魚竜+首長竜が居なくなった海を一人占め!でも、結局イカ。

5、翼竜は、鳥に勢力圏を奪われ、住む所が無くなった。

と考えられています。イカって、そんなにも大きく影響していたのかしら。
オキアミ君(前出・海の科学)の代わりだったのかな…と思う今日この頃デス。

海棲爬トカゲ系のモササウルスたちが絶滅した後で、
空白になった海に哺乳類(クジラ)が入っていったと考えられています。

で、現代に至っています。

生物は、海で発生して、淡水に入り、空まで飛んで、ぐるっと周って、
また海に戻ったわけですネ。

「優位に立つ他の種が出現し、それが生活圏を広めると劣っている種は絶滅へ向かう」
という推測を恐竜達に当てはめてみますと
「隕石落下からの環境変化に耐えれない遺伝子を持ったものが全滅した」
…とかっても書けます。

更に詳しく、出来るだけ詳しく解説してみましょう。

カメの謎!!!

←リーダーズダイジェスト

カメ・ワニ・トカゲ類

隕石落下など環境変化の影響を受けずに現代まで居る爬虫類です。

恐竜達が絶滅したほどなのに同じ様な爬虫類は何故か生き残っています。

特にカメの祖先は、ある時代に突然、今の形態を持ったものが出現していますので、
進化の謎の象徴です。
カメの初代を現代のカメと比較して見ると、形態の違いは、

歯が有る事、
手足が引っ込めれなかった事


…だけです。

全く変わっていないと言えるレベル、素晴らしい生物の世界!!!

カメはどうして変化しなかったのでしょう?また、何故突然現れたのでしょうか。
シーラカンスの進化しなかった理由もそこにあるかもしれませんネ。
研究の余地は沢山有ります。

巨ガメ目撃例

・1956年、14mもの海ガメをイタリア汽船が目撃、記録を残しているそうです。
妙に細かい数字ですネ。

・もっと有名な話では、島と思って上陸して焚き火を始めたら、
カメの甲羅だったという。
熱さに驚いたカメは、突然動き始めて泳ぎ去ったそうです。

凄すぎです。

昔のアーケロンでも4mほどです。4mといっても、小さくはありません。
カメの場合、甲羅も有りますし、丸っこいですから凄く大きいものですよ。

さて、解り易くまとめてみましょう。

基本知識

約6500万年前の地層、とっても、トッテモ注目される有名地層があります。
それより新しい部分には一切、恐竜の化石が出ていないという、
まか不思議なエリア…。

通称K-T境界層

すなわち、この前後で恐竜は絶滅したと考えられています。

そして、その地層にはイリジウムという特殊な成分が含まれている事から、
どんなものにイリジウムが含まれているのか調べると、なんと隕石

イリジウムの分量から推測すると約10kmもの大きさの隕石でした。

K-T層は場所によって厚さが違う為、その厚さを各地域で調べ、
油田調査のデータなどを含めて中央部分(落下地点)を推測、
アメリカのチチルブ(だったかな)に落下したと考えられました。

層にはスフェルールという熱で溶かされ再度固まった岩の小粒も多く含まれ、
大変な熱波が地表を襲い、津波、火災という激変した環境になったと推測。
その時の環境ならば、恐竜を絶滅させるに充分と考えられています。

更に、植物が減少する環境になると、シダ植物が繁茂します。
(一般の植物が減少するとシダ植物がドンドン増えます。)
これも注目すべきポイントでしょう。

第1弾:スミット♂説〜速攻で絶滅説

約6500万年前のK-T層の中に、スフェルール、イリジウム、
瞬間に出来るという岩石成分スメクタイトを発見、
隕石落下で急激に起きたとされる環境変化の証拠をゲット。

彼、スミット博士は、駄目押しに”シダ植物が多い”と言う事も発見しました。

そこで、約10kmの隕石落下が原因で一気に恐竜は絶滅した…と結論付けました。
最も多くの学者から支持された一般的な絶滅理由です。

第2段:ケラー♀説〜ゆるやかに絶滅説

とある女性学者、ケラーさんは恐竜大好き。
調べているとK-T層の約8m下にも隕石落下の証拠であるスフィルールや
イリジウムがあることを発見。これまたビックリです。

地層を丹念に調べ、K-T層から30万年前にも隕石落下があり、
徐々に恐竜は絶滅したと推測しました。つまり2回の隕石落下が原因だと。

2回の隕石落下の間が30万年間もあるので、その証拠をK-T層で探しました。
すると、典型的な長期間必須の鉱物=海録石が見つかりました。
出来る時間の掛かる岩石がK-T層にあるのだから、
ゆっくりした時間で恐竜は絶滅したのじゃないかと発表しました。

スミット側はその「ゆっくり絶滅説」を見て、反発しています。
議論の焦点は、瞬間に出来るスメクタイトと時間の掛かる海録石の鑑定。
実は二つとも緑色の鉱物で、素人的には同じように見えます。

お互いが鉱物の鑑定結果が間違っている!!!と主張しているようで、なんともはや…。

第3段:隕石以外でも絶滅している

上の二つとも、なんとなく決着が着きにくくなって参りましたので、
K-T層を離れ、別の視点で探る学者も出てきました。

調べてみれば過去に隕石は2回どころか何回も落下しており、
隕石じゃなくたって普通の時にも絶滅がある事、
隕石の落下でも生き残っている生物達が居る事に着目しています。

恐竜よりも前で環境に弱い典型的な生物をあげますと両生類
これは酸性雨で肌がアウチになりますし、変温動物。
温度変化が激しいと、あっという間に死んでしまいます。

つまり、恐竜より弱い両生類が速攻で絶滅しているはず…です。

で、頭をまっさらにしてK-T層で火災の事実などを調べてみると、
隕石落下で発生するとしている大火災には必ずつきモノの炭(スミ)
なんと!!!見つかっていないことも分かりました。これは重要でした。

何かがおかしい、我々は何かを見落としてるんじゃないか?

そこで改めて生物相(=生物の種類数)を調べますと…

●K-T層の6500万年前から遡る事1000万年前は、
300種ぐらいのアンモナイトが居たようです。

●300万年前は15種類まで減っていました。

●200万年前は、なんと!!!1種類しか居ませんでした。

くどいですが6500万年前のK-T層の前の話です。

水面は1kmほど下がり、インド西では火山活動が活発で、
水温がかなり上昇していた…などと地球規模の環境変化があったようです。

それでは恐竜の種類数はどうだったでしょうか?
恐竜の化石を追うとK-T層に至る前に約4割も種類が減っていたそうです。

つまり、6500万年前の隕石落下はキッカケではあるものの、
それ以前から絶滅に向かっていたようですね。
あくまでも現在のデータによりますが。

そこで…

重力変動仮説があります。
キリン、ゾウ、クジラなどから推測して巨体の恐竜達は歩くことすら出来ない、
そういう試算をアメリカの研究者が出していますので、都合が良い説です。
現在よりも重力が弱く、恐竜の巨体が維持できた理由としています。

▲重力変動は、地球の自転速度(遠心力)の変化で起きたとしています。
現在よりも、ずっと自転速度が速かったならOK。1日が十数時間という感じ。
その証拠をどうやって見つけるか、これが問題ですね。

また、遺伝子が種の絶滅に向かって突き進む説
ネズミが集団で海に飛び込んだり、イルカ、クジラが集団で浜に打上げられるのが
関係しているかもしれないです。研究が進むのを期待しています。

他にもイロイロな説があるようです。

結局、まだまだ良く分かっていないんですよね。
分かっているつもりでも、分かっていない事実。
それが最先端の科学という事でしょう。

<登場!理学専門家>

当サイトでは、何回も絶滅問題について議論が出ては消え、
出ては消えました。数十回は超えているでしょう。



早稲田大学教員(専門が遺伝子!)の
M&K先生より

作者様からご指名で「恐竜絶滅の原因に関する
最新知見を下さい」とのことですので書き込ませていただきます。

小惑星衝突説が今年の6月のscience誌にこの説を裏付ける論文を
コロンビア大学(米国・ニューヨーク)のPaul Olsenらが発表しています。

恐竜が絶滅するのは、やはり何らかの環境的な要因が
必要になるのではないでしょうか。

★別件のメールのやり取り中に当サイト向けに頼んでしまった
作者でした。(忙しいところスミマセンでした)



大学院時代古生物、古環境関係の研究をしていた
Takさんより

古生物学ですと、絶滅原因に関しては
「事実」をくまなく説明できる「証拠」が必要です。

主流なのは隕石衝突説とデカン・プリューム上昇による
火山活動説でしたが、最近火山活動説の方は否定的な証拠が
出たとか何とか…

まあどちらにしろ全部の証拠を説明できない限りは
仮説は事実としては認められないですけど。


K大学講師として作者から

過去からの沢山のご意見を集約しますと、
隕石の激突が現実に起きていることに加え、遺伝子や生活空間・
環境の生物的競争で恐竜たちは絶滅した…というところでしょう。

専門家お二人のご意見は、議論が出る場所での
最終的な意見になるものです。

読者さんへ

専門用語が入ってますが、興味を持たれましたら専門書へGo!
結局何が主流になっていくのか、何が仮説から真実になるのかは
今後を期待ですが、わたしも分からないと言うのが正直なところです。

シーラカンスの場合

シーラカンスが絶滅とされていたのは、化石が発見できなかっただけでした。

環境に影響を受けやすい淡水エリア、浅い海にいたもの達は死滅し、
安定した深い海では生息しつづけていたのです。

←フィギュア

現物があれば、どんなにシッカリした理論でも
打ち破ってしまうことがあるんですね。

マンモスの場合

絶滅は人間の狩が原因といわれています。



氷付けマンモス
サンクト・ペテルブルク博物館



↑同朋舎発行/角川書店発売分解博物館21:7,400円(税別)より

現在は岐阜の研究機関がクローン化で再現しようと懸命に頑張っています。

最新ニュース・2003年3月2日(Yahoo!NEWS)
↓科学で分かっているように見えても現在でも研究進行形なんだよね。


恐竜絶滅とは無関係=メキシコのいん石落下跡−
掘削調査で判明・国際チーム


 メキシコ・ユカタン半島の巨大いん石落下跡は、
約6500万年前(中生代白亜紀末)に恐竜などの生物が
大量に絶滅した原因ではなく、大量絶滅の時期より
約30万年も古いことが、米プリンストン大などの
国際研究チームの調査で1日までに分かった。

研究成果は米科学アカデミー紀要に発表される。
 この「チチュルブ・クレーター」は1990年代初めに発見され、
直径は推定180〜280キロ。
形成時期は従来、大量絶滅が起きた白亜紀と新生代第3紀の境界
(KT境界)の前後20万年以内とされ、ほぼ一致するとの見方が有力だった。

 しかし、研究チームは2001年12月から02年2月にかけ、
日本も参加する「国際陸上科学掘削計画」(ICDP)の支援を得て、
クレーターの中心から約60キロの地点を掘削。

KT境界は地下794.1メートルと、いん石の衝突跡より
約50センチ上にあることを突き止めた。

さらに、堆積(たいせき)物の分析など5種類の方法で
詳細な年代を特定した。 (時事通信)
[2004年3月2日8時1分更新]

おおっと、サイトで主張している”種として絶滅”に近づいているのか、
(隕石落下は事実なので)観光地争奪戦が勃発か…

はじめまして、じにゃといいます。

いつもサイトを楽しく拝見させていただいております。
ひさしぶり既読のコンテンツを読んでいたところ、記述が増え ていることもあり、
最初に来たとき同様、読みふけってしまい ました。

今回恐竜の科学を呼んでいてふと思ったのですが、
地上で生き ている鳥を含めた動物には、必ずしっぽがあるような気がして きました。
人間の尾てい骨もしっぽの名残ときいたことがあります。

しっぽがない動物がいないか考えていると、
動物には必ず、足 ・手・翼のいずれかの合計が4つあることに気づきました。
これってやはり同一の生物から進化したってことなのでしょう か。

あたりまえのことなんですが、自分のなかではすごい発見だっ たので
誰かに聞いて欲しくて、メールさせていただきました。

上記にあてはまらない動物が存在するようで したら教えてください。
そんな動物がいたらそれこそ…ということでしょうか。 よろしくお願いいたします。

<コメント>

恐竜の科学もページ数が多くなっていますので、読むのも大変ですよね。
昔から語句検索で引っかかり易かったのですが、ヤフー掲示板や2ちゃんねるなどでは
何故か読まれていないということで、読者さんからも「役立ってます」と…。
(どういう点で役立っているのか、フト考え込んでしまったり)

同一の生物から進化したというのはアリです。
逆に言えば、他の形質を持つ生物はメジャーになれなかっただけと。
この辺りは、どんどん勉強して行かれると宇宙の謎と似て深いですよ〜。

古代生物、復活作戦!

<化石推測からクローンで解明チャレンジへ>

軟骨魚類(サメ、エイ)というのは化石に残っても多くが歯だけです。
全体が残っているものは、細かい粒子の砂の層に閉じ込められた主に小さいものです。
しかもタイミング良く閉じ込められなければなりません。

シーラカンスとか恐竜は硬い骨を持つ為、まだ化石は残りやすいです。
それでも長い年月のため一部だけしか残らない事が殆どです。

図鑑などに載っているのは一部の化石から起した推測画です。
正直全く違った姿をしている可能性があります。
「なんだぁ、推測画かよ」と思わないで下さい。
古代に戻って見れないので化石から推測するのは当然の作業です。

そもそもそれ以外の方法はありませんからね。

類似している物(歯)を持つ現代の生物から推測しないといけませんから
地道な作業ですし、大変なのですよ。

ところが、最新のバイオテクノロジー(=生物技術)を応用して、
古代の生物達の遺伝子(DNA)を培養、クローン(複製)化して
この現代に甦らせようと試みが行われています。

氷づけの生き物を生き返らせよう…から始まった人類の挑戦。
上のマンモスの子供みたいな保存状態のものなら楽勝で復活だぁ〜〜!
・・・・・・・と思いますでしょう?

そうは簡単にいきません。

氷づけを活き返らそうの場合

水は凍りますと膨張(ぼうちょう)します。

凍るということは血液やリンパ液をはじめとする体液も凍ってしまうわけですから、
細胞を破壊してしまいます。遺伝子DNAも壊してしまいます。

ということで、氷を溶かしても基本的に生き返ることはありません。
よくSFで出てくる人間を凍らせて未来へ送る…というのはその理由から難しいです。
血を抜いて凍らすとか、膨張が最小限の液体を血と交換するとか色々考えられています。

凍ると大きくなる理由から氷が水に浮かびますが、もしも大きさが変わらなかったら、
真冬に湖は底まで全て凍ってしまう!!!
地球に生命が存在するのも”凍ると浮く”水の性質のおかげ。(←解説するのが大変)

ちょっと考えてみてください。・・・このおかげで色々と助かってます。

少し前に南極で−2度で生きている魚が発見され
「何で凍らないんだ!!!」と議論が出ました。

その理由はどうやら体の中にある特殊なタンパク質が
凍りかける水の結晶を取り込んで体を凍らせないようにしているとか。

日本人の研究者(ちゃんとした博士)が
人間に応用できないか研究を数十年もしているそうですよ。

樹液の塊から遺伝子(DNA)を取り出してみるか…

←虫入りコハク

写真:日経サイエンス1996年6月号

宝石のように販売されている”コハク”というのは、
樹液の化石みたいなものです。

コハクには、蚊などの小さな昆虫類が入ったまま化石になったものがあり、
特に肉片や蚊などから良質なDNAが取れないか、調査が進行しています。

しかし、映画ジュラシックパークでも解説されたいたとおり、
なかなか完全な保存状態のDNAは採集できないでいます。

欠損部分のDNAを補填して完全に出来れば良いのですが
分析するのに大変な作業と期間が要ります(資金もね)。

←蚊

写真:化石のホームページさん

鳥のクローンは難しい

鳥は日本産トキを筆頭に、絶滅に瀕(ひん)したものが一杯居ます。
最後のトキが死んだってクローン技術があれば大丈夫さ!!!
…というわけにはいかないのがツライところ。

問題が卵のカラ

10mの人間

たった300年前ですが、恐竜の化石を人間の骨と間違えて
上の説を唱えた学者が居たそうです。

恐竜が認知され、炭素測定法が発明されたのも
そんなに前の話では有りません。

人間が巨人だったなんて、面白い話ですネ。

賢明な読者さんは気付かれたと思う。
300年前にタイムスリップすれば、あなたも歴史に名を残す大天才♪

以前、「恐竜の骨と間違えて」という部分を抜かしてしまい、
「古代の人類は巨人だった」という説がある雑誌上で展開されていました。

恐竜は恒温動物だった?

恐竜は爬虫類?という論議があります。

一部アメリカの学者が、恐竜の体格を維持するのは
恒温動物(体温調節可能)だったという説を発表しました。

爬虫類は体温調節が出来ない変温動物。
…とすると、恐竜と爬虫類では全く離れた種類になってきます。

どちらにしても古代生物である恐竜なので、
実物を調査できませんから断定は未だ早いです。

もう少し資料になる化石が出ればなぁ。鳥に近い種類だったとしても充分魅力ですし。

生物学的には、恒温動物の巨大なものは体温を逃がすシステムが大変です。

クジラの様に水中生活ならOKですが、
陸上の恐竜では汗を出す皮膚の穴が多数必要。

そう、巨大化すればするほど、体の組織が複雑になっていきます。
ゾウさんなんかは、あのデカイお耳。

体温を逃すのは大変だという事例ですよね。。

後のページで現段階での最大恐竜を書いています。とてつもない大きさです。

私の考えは、そういう巨大になる為に体温調節をせず、
その分のエネルギーを成長に使っていたのじゃないか?という方が
理屈に合っていると思います。

つまり、爬虫類と同じ変温動物(体温調節不可能)だったかなと。

▲小型の恐竜については当てはまりませんので恒温もありえるといえば有り得ます。
小型のものが鳥となって生き残ったのかな。何にせよ、生き残っていてくれればねぇ。

ああ、捏造…「飛んでいた恐竜」化石

2002-11-21の中日新聞(&英科学誌ネイチャー)

1999年10月に世界に向けて発表された「飛んでいた恐竜」の化石が
実は捏造だったという衝撃報告が載りました。

これは恐竜が空を飛んでいたであろう説(恐竜⇒鳥の進化論)を補填するために
すこぶる貴重な化石でした。当時1999年2月にアメリカのオークションによって
約970万円で落札されたもので、落札者はある博物館。

その後の報告で「飛んでいた恐竜」として正式発表され、
学名もつけられました。

こういうスゴイものは贋作の疑いを持つのは自然なのですが、
贋作鑑定をすりぬけて本物となったのが辛いところです。

経緯は2001年に中国で産出された在る化石を調べていた中国の調査チームが
「2匹目の飛ぶ恐竜の化石発見じゃ!!」とやりたかったところ、

よく調べて見ると「博士、これは鳥っすよ」という事になりました。

つまり2匹目と思ったのが逆転、最初の一匹目が捏造だった証明の化石になりました。

970万円で売られたものは、上半身は鳥の化石から下半身は
恐竜化石から作ったガッチャマンとのことですが、
見抜けなかった事が大変重要な事です。

逆に捏造と見分けがつかない出来の贋作を作った人は
スゴイ腕の持ち主といえるでしょう。

よく考えれば誰も見抜けないから
贋作ではなく本物として流通する事はあるでしょうし、
日本でのゴッドハンドの捏造事件もありましたが、困ったものです。

結局「飛ぶ恐竜」に付けられていた学名はキャンセルされました。

贋作を見抜けなかったオークションハウス、本物と発表してしまったアメリカ地学院、
2匹目の化石だった方が研究費になったという中国の調査チーム。

類似の鳥の化石が発掘されなければ見破られなかった
腕の確かさを証明した贋作作者。色んな人間模様がありそうですね。

さらに「飛ぶ恐竜」を引用し議論していた一般ピープルにも重くのしかかってきます…。
まさに”愕然”といった感じでしょう。
この事件、結構重要だと思うのにマスコミの扱いは小さいです。


形状から見ると、ティラノサウルスってオウムやインコに
似ているんだけどねー。

まさかね〜。

世界最大の恐竜は体長60m

首長竜は、体長13m。

←このタイプは首の長さが8メートル

実際に見たら、スゴイ大きさでしょう。人間なんてひとたまりもありません。
特に首が長かったものは、蛇の様にクルクル巻け(とぐろを巻け)て、
3回転も出来たようです。

では、世界最大の恐竜(陸上動物)は何でしょうね。
通常の基本資料となるディプロドクス(↓の写真)の最大級が26.75m
これでもスゴイ!完全標本では世界最大です。



↑同朋舎発行/角川書店発売分解博物館21:7,400円(税別)より

一部の化石で推測する世界最大はディプロドクスの仲間、アンフィコエリアスです。

まぁ、名前はそんなに重要では有りません。脊椎一個だけのデータに基きます。
一個だけで…と言われるかもしれませんが、そんなものです。

デイプロドクスの完全標本と比較して、なんと!4倍もの大きさがありました。

ゆえに、控えめに見積もっても60mはあるという超巨大さ!!!

200トンは有ったのだろうと推定されました。
体重は33mのシロナガスクジラと同じぐらいですね。

単純にディプロドクスで4倍すれば100mを超えてしまうほどです。

しかし残念な事に、計測しデータを取ったところで骨が失われてしまいました。
まったくもって、ガッカリな事です。

2番手の大きさは、30%の骨が標本として保存された
同じくディプロドクスの仲間のセイスモサウルス。

推定45.5mの大きさです。

まだまだ最大記録は伸びると思われます。いやはや、大変な大きさですね。
しかし、こんなに大きな動物達が陸上で生きていたという事を思うと、
本当にスケールの大きい話と思いませんか?

←アパトサウルスの骨の化石

写真:化石のホームページさん

産地:アメリカ ユタ  時代:ジュラ紀
別名ブロントサウルスと呼ばれる大型草食恐竜。

どこの骨やねん…というツッコミは無しね。

マメ知識:化石の選別

その辺にコロがっている石が骨の化石かどうかを調べるには超簡単には舐めること。
舐めると舌に吸い付くような感じがします。
これは細かい気泡の跡が舌の水分を吸い取って引っ付くのです。
そ〜ら、貴方がいつも歩く道端の石が恐竜の骨の化石かも。

ついでに肉食かどうかの区別も出来ます。

肉食=細かい気泡の状態の化石。

草食=粗い気泡の状態の化石。

部位の区別は他の骨との比較・削除法などをしてコツコツ調べますので、
直ぐには分からないですよ。鋭い歯や爪なら好いのですけどね。

世界最大37メートルの化石スペインで発見・発掘

 スペイン東部の約1億5000万年前(ジュラ紀後期)の地層から、
推定全長37メートル、体重48トンに達する最大級の
恐竜の骨格化石を現地の古生物学者が発見した。

 巨大な恐竜は、当時ひと続きの大陸だった南米とアフリカで
最近相次いで見つかっているが、大洋を隔てた欧州側にも
ジャンボ恐竜が生息していたことを示す発見で、
22日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

 スペイン・テルエルの博物館「ディノポリス」財団の研究チームによると、
見つかったのは、長さ179センチに達する左上腕骨などの手足や背骨、
断片的な頭骨、歯などの化石。長い首と尾を持つ草食恐竜「竜脚類」の新種で、
トゥリアサウルス・リオデベンシスと命名された。

(2006年12月22日4時13分読売新聞)

世界最大(級)としないと危ないですが、いい発見です。

ティラノサウルス「スーちゃん」の悲劇

恐竜タイプの骨は、とにかく裏で出まわるそうです。
最大の恐竜化石の標本が無くなったりする事に加え、
現在の恐竜の骨も同じ様な不遇な扱いをされているものがあります。

有名どころでは、ティラノサウルスの「スー」ちゃん。

←恐竜科学者の夢。

↑同朋舎発行/角川書店発売分解博物館21:7,400円(税別)より

全身骨格の90%という殆どパーフェクトに近い保存状態でありながら、
人間の欲「所有権」を巡って、裁判沙汰になり、裁判所に保管されているのです。

もちろん、決着がつくまでは研究が進む事は有りません。

ちなみに、他の恐竜では骨の出土保存率30%とか、
肩甲骨だけだとか、頭骨が無いとか、
そんなレベルでも推定を重ねて研究されているのにもったいない事です。

気持ちは分かりますが、是非とも早い決着を付けて頂きたいものです。

ご参考までに、公表体長14m(第三者計算12.5m)の最大級の
肉食動物になる予定だったそうです。

通常は11mぐらいですから、スゴイ標本なのです。


大きさについてなのですが、発表者がちょっと大きめに言う事が多いです。
一方、ライバルの第三者が計測する時は小さめになります(笑)。

だいたい1-2mの誤差があると頭に入れておくと好いと思います。

人間が食った 吉田ひであきさん
初書き込みさせて頂きます。

いきなりですが、恐竜と人は接触していたのでは?
と考たりする事があります。
ドラゴンのお話やヤマタノオロチなど、
これらは実は恐竜でつい最近まで居たのではなかろうかと・・・
では、なぜ全滅?したかと言うと。
人が英雄になるためとか不思議な力を得るためにとかで
退治もしくは食べられてしまった所為ではないかと・・・
因みにドラゴンが火を吐くなどは、実は毒で、それを浴びて
死んだ人の皮膚などが焼けたように爛れていたからドラゴンは
火を吐くと。
まぁ、全くの想像です。ドラゴンの話がいつ成立したかも
知りませんので。既に既存の発言だったかな?(笑)

インターネットが世界に広がろうとも、まだまだ地球は広いです。
特に海は。今年は何かが発見されるといいですね。

稚文で、失礼しました。

今年も楽しませて頂きます。押忍!

マンモスを絶滅させたのも人間ですし、将来、こういうことも
証明されるかもしれません!?

貝塚のように、骨が残っていると好いのですけどね〜。


深海タイプのシーラカンスが生き続けていたように、
深海に適した恐竜類が生息し続けている可能性は?
     ↓
化石が発見されないのも当然ですし、浮き袋が脂肪で満たされていれば
ソナーにも引っかかりませんから、可能性はあるかも知れませんね。
(そういうタイプの恐竜類が居たらという前提ですが)


<面白い医学>

オマケ。人間の男女の差というのは、色々なところに有りますが、
ヘモグロビン(酸素を運ぶやつ)では男性15.9のところ、女性は13.9.
赤血球は男性450万のところ女性は400万。というわけで、男性の数値は高いです。

女性は運動活発さを示す要素が若干低いと言われる理由になっているわけですが、
住む場所で調べると男性よりも500m高位置に住む高所民族!になってしまいます。

面白いでしょう?

面白く無い?

では、<お魚の話>

硬骨魚類と言うのは魚の種族の中では97%を占めています。軟骨魚類はたった3%
硬骨魚類が海を独占していますね〜。

面白く無い?

・・・・・・・・・屋上に来なさい。


(↑最近、スベルなぁ)


最新情報〜研究は現在でも進んでいます。

<翼竜>卵の殻化石を初発掘 単層構造で恐竜や鳥より原始的

 アルゼンチンと中国の白亜紀前期(1億2100万〜1億年前)の地層から、
卵に入った翼竜の赤ちゃんと卵の殻の化石がそれぞれ発掘された。
翼竜の卵の殻が見つかったのは初めて。

恐竜や鳥類の卵の殻は丈夫な多層構造をしているが、
翼竜の殻はいずれも単層構造で、恐竜や鳥より原始的なことが分かった。
2004年12月2日発行の英科学誌「ネイチャー」に発表された。

 アルゼンチンの化石は、米カリフォルニア州のロサンゼルス郡自然史博物館などの
研究チームが発見した。

翼竜は縦約6センチ、横約2センチの細長い卵形に体を丸めた状態で化石になっていた。
その周囲に厚さ約0.03ミリの薄い殻があることも確認された。
フラミンゴに似たくちばしを持つプテロダクチルス類とみられる。

 中国の卵の化石は縦約6センチ、横約3.5センチ。
卵の殻の厚さは約0.25ミリだった。
割れた部分の断面が滑らかだったため、南京大などの研究チームは
「殻は柔らかい皮状だったのではないか」と分析している。
【永山悦子】
(毎日新聞)


中国で胎児宿した化石発見 首長竜も赤ちゃんで誕生?

 【ワシントン2004年17日共同】

中国貴州省の三畳紀中期(約2億4000万―2億3000万年前)の地層で、
小型の絶滅は虫類ケイチョウサウルス(貴州竜)の化石が、
胎児を宿した珍しい状態で見つかり、化石を収蔵する台湾の
「国立自然科学博物館」の研究員らが
「この竜が卵ではなく赤ちゃんで生まれていた初の証拠」として
18日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 化石は全長約30センチと同約19センチのほぼ完全な全身骨格2体で、
2002年2月に発掘された。生まれる前の胎児を体内に複数抱えたまま化石化していた。
 骨盤は関節が軟らかいため動きやすくなっており、
論文をまとめた同博物館の程延年研究員らは、
危険が多い海中で短時間で出産するのに役立ったと推定している。
(共同通信)


Uedaさんより

こんにちは。お休み中のところお邪魔します。

HP楽しく読ませていただいてます 。 下記の記事。日本語と英語です。
貴HPにてアップされて なかったように思いましたので、念のため転送いたします。

恐竜時代のサメ発見か ブラジル沖の大西洋

 【メキシコ市17日共同】
ブラジルからの報道によると、同国の魚類学者は1 7日、
恐竜が生きていた1億5000万年以上も前から生息するギンザメに似た
新種の魚を発見したと発表した。近く発売される米科学誌に掲載される。

 この魚は体長30−40センチ。頭の部分が丸みを帯びて、
翼に似たひれを持 ち、尾は細くとがっている。
ブラジル沖の水深400−600メートルの大西洋 で捕獲した。

 2001年にリオデジャネイロ沖でスペイン漁船がこの魚を捕獲したが、
その 場で海に放された。
魚類学者が再びこの魚を探し当て、2年以上かけて学術調査 を行った結果、
1億8000万−1億5000万年前から生息している新種と判 断した。
(共同通信) [6月18日10時54分更新]

Scientists Discover New Fish Species Off Brazil Coast June 18, 2004 Release from: Michael Astor Associated Press RIO DE JANEIRO, Brazil - Brazilian scientists claimed to have found a new fish species believed to have lurked deep in the south Atlantic Ocean for more than 150 million years. The fish, of the Chimaera genus, is about 30 to 40 centimeters (12 to 16 inches) long and is found at depths of 400 to 600 meters (1,300 to 2,000 feet), scientists said Thursday. "This is a fantastic discovery, because before this we believed there were no Chimaera off the Brazilian coast," said ichthyologist Jules Soto, who discovered the fish. Soto is the curator of the Oceanography Museum at the Vale do Itajai University and co-author of the fish's scientific description, which will be published in the upcoming edition of the U.S. scientific journal Zootaxa. Soto said the fish was discovered on a Spanish fishing boat trawling off the coast of Rio de Janeiro state in 2001. Soto said his students first photographed the Chimaera aboard the vessel as part of a research project, but they were unaware of the fish's importance and threw it back in the ocean. Soto realized the significance of the discovery while examining the photographs. "I could see right away it was a very different animal, just from the shape of the fins," Soto said by telephone from Santa Catarina state, 450 miles (700 kilometers) southwest of Rio de Janeiro. It took Soto and his team two more years to locate more specimens and to complete the scientific work needed to prove it was a new species. The fish, which Soto has named Hydrolagus mattallansi, has a snub nose, winglike side fins, a spiky back fin, and stinger tail. It is closely related to sharks and skates. The Chimaera can sense the presence of other animals by scanning the electromagnetic field around it, but it also has large eyes that can sense even the smallest bit of light, Soto said. Ichthyologists called the new Chimaera an "important discovery." "Deep water fish have been little studied here, and it's very difficult to get information about that environment. The sad thing is that environment is being devastated by industrial fishing so species new to science are likely disappearing even before they are discovered," said Adriano Lima, an ichthyologist at Rio de Janeiro's National Museum. Scientists have identified about 25,000 fish species in the world but suspect there may be as many as 40,000 yet to be discovered. Soto said it was rare that such a large vertebrate animal should be undiscovered but that the deep waters off Brazil's coast have not been extensively explored. He claimed to have discovered three other new species that he is still in the process of describing. Chimaera evolved 400 million years ago during the Devonian Period and are one of the oldest fish species alive today.

情報、ありがとうございます。

丁度ネットから遠ざかっていた時期でしたので、ニュースには全く追いついていなくて。
いやはや、サメは元々恐竜よりも古い軟骨魚類(サイト内)ですから、
解明を進める情報はありがたいですねー。

少々時間が経ってしまっていますが、申し訳なく、これに懲りずに又お願いします。



表紙へ