夢の話、ふたたび。長く忘れないだろう夢を見た。

記憶に残る夢

今日、末永く記憶に残りそうな夢を見た。

数回前に、他人に夢の話をしたって、相当面白くなければ聞くほうはツマラナイと書いた。
記憶に残る夢と言っても、面白いもの、何回も見るもの以外は直ぐに忘れるものです。
夢自体はそんなに面白いとは思わないけど、忘れられないだろうので紹介します。

旅館に来ています。自分の部屋は夢らしくありえない感じ。床が芝生で出来てるような。
遠出してきたのか疲れたなぁというムードで、その芝生感覚の特殊な床が心地よい。
一緒にいるのはトヨタ系大企業に勤めている学生時代からの友人。男の二人旅です。

どうも私は男性との付き合いが多かったので、夢の登場人物も男が多く反映されるようだ。

座り込んで話をしていると白い小さなプラスティックのような、丸いものが床をぶち破り?
もっと出ようとモソモソしている。なんとなく生き物らしい。
イメージは警察特殊部隊が換気口などから胃カメラ状のものを差し込み、
人質を捕って立ちこもる犯人をコッソリ観察する手段、その透視カメラに似ている。
特殊部隊スワットの赤外線暗視装置(ノクトビジョン)も役に立ちます。

新聞紙を丸めて叩いたが、その白い頭はゆっくり動くだけ。
その後、1mほど離れた床が盛り上がってきて、今度はシッポが出てきた。ヘビのような感じだ。

しかし頭の大きさから推察するにせいぜい30cm、エンピツみたいなヘビと思っていたが、
1m先のシッポと床下の胴体を考えると、デカイはずだ。でも安全そうなので、そのまま放置した。

夜、友人が「ウオォッッ!!!」と飛び起きた。フトンをはがすと、その白いヘビが出てきており、
全体を見せていた。1mどころじゃなく2mはあり、頭は白いが体は青い。小さな頭と不自然な体。
綺麗だけど、やはりフトンにいれば別だ。そして、もっと細くて1mほどの子供がいた。
ヒモみたいだけど、動いているので生きたやつだ。

頭が小さいと書いたけど、それなら”致死量の猛毒を持つ”毒蛇ではなさげなので、
まずは小さいほうを新聞紙や本の角でビシバシする…すると苦しげにのた打ち回る。
可哀想な気持ちが湧き、外に逃がそうと思い返してみたが遅かった。親のヘビが怒ってる。

で、友人でなく私へ迫ってくるではないか。ゆっくり、ゆっくり。
新聞紙攻撃も何故か外れ、そのユックリさが貞子っぽい感じで、そう思ったら怖い、こわい。
怒った親ヘビとの距離が1mを切った時、新聞紙や本で叩くのはなく、つい”ケリ”が出た。
正確無比な鋭い左足の前ケリ。自慢の体技だ。←理由

その時、いってー!!!

飛び起きたけど眠さもあって奇妙な状況。眠ろうと戻る努力でフトンを被るが痛い。
めちゃめちゃ足が痛い。収まらない。
ベットの横にある本棚の角に思いっきり加減無くケリを入れていたのだ。恐ろしい。
しかも、足の指の関節が見事にヒットしたらしい。

とりあえず痛みで眠れなくなってしまったのでベットから出て明かりをつける。時計は朝3時。
フジTVをつけると「24」のキーファ・サザーランドが、もう終了間際みたいだ。

以前、夢判断みたいな本を買って持っていた。それを紐解ければ自分の心理が分かるかも。
しかし、夢判断って大量のサンプル(人間)へ何年も何年も「見た夢」アンケートを続け、
サンプルには見た夢の前に起きた出来事や心理を書いてもらうデータからだよね。
著者の考えた推測じゃなく、異次元からの高位の存在が教えてくれたわけではあるまい。
アンケートも本当のことを書くとは限らない前提だ。

…などと、混乱した頭が上手く働かない。

これを書いている今も痛い。血が親指から出てる。絶対に、この夢は忘れない。
バンドエイドを貼って、さて、冷やすシップはあったかな…AM4時か。眠れないジャン。

渓流の禁漁が解禁(中部)・嬉しいな。2007年

渓流が解禁になったら日々、心躍る作者ですが、しかし行けないのが悲しい。

って、ここを読まれている方には様々な人がいるため「解禁って何さ?」という人の為に解説すれば、
タンパク源として重要な、閉鎖水域ゆえに絶滅の恐れがある貴重な魚を保護する期間が過ぎ、
「釣ってもいいですよ」というのが2月1日=中部地方=でありまして、それが祝♪解禁。
どんな対象魚かというと、川の上流(渓流)に陸封されているサケ科魚類が主なもの。

例えばイトウ、ヤマメ(サクラマスの陸封)、アマゴ(サツキマスの陸封)、イワナなどです。

釣っちゃいけないのは主な産卵の時期が秋だから10月1日〜1月31日までが保護期間。
そして釣るためには遊漁料というお金を漁業組合に払って、多くは組合幹部の宴会、
もとい、大部分のお金は河川保護、魚類育成などに使われるのだ。

キャッチアンドリリース(CNR)が叫ばれる昨今、本来は産卵の出来る大きくなったものを放し、
生き残る率が少ない子供はキープするのが好いのだけど、そもそも魚はタンパク源なので、
でかいのを放すのは狩をする人間の性からすると難しいのです。不味い魚は保護しなくてもOK。

実際、渓流の工事などで自然が損なわれているのを肌で感じることが出来るのは釣り人ですが、
「乱獲するな」と叫ぶ保護団体は、実際の現状を見ているのかどうか分からないのと、
お金を出さずに叫ぶだけと言うのが多そうで、どうも悩みどころ。

両者とも不得意な、無知な部分を補填しあい、仲良くして協力すればいいのにと、いつも思う。

机上のデータより真剣に考えたりするのが釣り人なので(もちろん違法放流するオッペケペーはいる)、
毎年、世間の矛先が変なところへ行ったり、意味不明なバトルが始まったりするのも通例のイベント。
なので、今年はどんな事が叫ばれるのか、どこから、どういうタレントが出てくるか期待しています。

それはそうと私のマイカーはスタッドレスをはいてないのでチェーンを持っていくのだけど、
チェーン式は兎にも角にも走行スピードが遅い、遅すぎなので、後ろから煽られるのを避ける為、
なるべく車の少ない道を通るようにしています。

スキーヤーの4輪駆動車が後ろについた日には「ああ〜、遅くてごめんなさいね〜」と叫びつつ、
しかし「遅いぞコラ!!!」と強引な追い越しをされ、ビビリ、それでもトロトロと走らざるをえない訳ですが、
なるべく出会わない裏道を駆使して頑張るのであります。

でも2回ほど車輪を雪に取られて動けなくなり、(社)日本自動車連盟(つまりJAF)にお世話に。
待ってる間の恥ずかしさは中々オツなんだよ。

こう書いてたら岐阜へサクッと行きたくなるのですが、いつ行けるのかリアル都合によりますし、
挨拶すら失礼している私の現状では、なかなか遊びに行ってリフレッシュとはいきません。

自由がきかず、諸手を上げて喜べない解禁日をココ最近、いや毎年迎えているのですが、
今年も直ぐに行けそうになく、寂しいなぁ。

というわけで、生存報告がてらの作者つぶやき更新でした。

<2007年の寄稿予定>

予定は未定、原稿却下(ボツ)される場合があります。一応、編集部さんと繋ぎのあったものです。

●つり人社「渓流・夏・2007」サクラ・サツキマスの最新生態学:予定
遡上魚がエサを食わないとされた理由、産卵時は白身に戻る、DNA3倍体の謎etc。

●海悠出版・主婦と生活社「最先端の渓流釣り'08」コラム予定
釣り糸を確認できない魚の目、傷ついたエサを食わない(避ける)のは何故?など。

●桃園書房「釣りマガジン」コラム予定
釣り人の常識と学術的な常識には差があり、どうして交わらないのか?メーカーのせい?etc

●海悠出版・主婦と生活社「磯投げ情報」サカナの行動学:連載は継続中(現在File.10)
水圧再現設備を投資した水族館、大学、研究機関の担当者が涙する事実とは?etc

●司書房「目からウロコの未確認動物学」仮題
科学という鍵(カギ)は扉を開ける道具、しかし未だ閉まったままの”開かずの扉”がある…というイメージ。

私にはXX出版社寄りというのがないだけに、わりと自由に書かせて頂いています。
ここを読まれている読者さんの中で、一部釣り人の方がいらっしゃいますが、
見慣れた文体や表現に出会ったら、執筆者名も見てやってください。私かもね。

<気付いた渓流と海の釣り人の層の違い>

↑の原稿提出は、ほぼ「釣り雑誌」ばかりと言えなくもないですが、実は微妙な違いが有ります。
それは渓流と海のジャンルの違い。それに注目ください。
読者層は同じフィッシングというジャンルですけど、随分違うんだなぁと感じてます。

一般的に渓流系は自然を奏でる牧歌的な感じが強く、内容も非常に感傷的なものが多いです。
一方、海のほうは躍動感あるダイナミックさ、あまり深い意味を持たせない表現傾向があります。
四季に敏感で生死も隣り合わせな山の渓流と、多くはファミリーフィッシングの海。

警戒心が強く山奥にひっそりと棲む渓魚向けの繊細な仕掛けと、
カジキやイシダイに代表される豪快な海はイメージが凄く違いますよね。
こういう違いからなのか、渓流師(たにし)と海の釣り師は中々交じり合わなさそうな感じ。

最近、そのような違いに気付き、原稿の表現や内容を、
海釣り誌と渓流誌で文体などを分けるべきと思いはじめています。
牧歌的な内容の中でイケイケは困りますものね。
もちろん、そんなに慎重に考えなくても好いんじゃないか?と脳内会議をしてますけど。

TVの釣り番組で、美しい渓流より海が取り上げられるのが多いのは視聴率のため(のはず)。



戻る     表紙     次へ