サカナの行動学〜File.12
行動を律するものPart3〜経験則を科学する

どのようなジャンルにも専門的な技能を持つ専門家がいます。
こと”魚を獲る”という事に関してのプロフェッショナルは漁師さん。

渡船・釣り舟等でもお馴染み

魚を獲るという趣味である釣り人にとって、プロの話は興味有るのではないでしょうか。
友人知人に漁師がいれば話は聞けますが、都会などの防波堤や地磯、砂浜をフィールドとする、
ファミリーフィッシングの方なら、漁師さんに話を聞く機会は滅多にありませんよね。

前回で取り上げた魚群の謎、秘密。漁師さんたちは経験などに従って大きく魚群を利用しています。
定置網が典型的で、どういう群れの移動が季節によってあるか、岸よりを泳ぐのか、
沖合いか、この方向から風が吹くと漁獲が減るなど、漁業を生業とする方々の経験則があります。

魚の行動を律する何たるかを人間の経験則でどこまで補えるのか、
そもそも、経験則はどこまで正確なのだろうか、今回は紹介と共に考察していきます。

そう、デートのノウハウ本(=経験応用)ばかり勉強しているから、若き日本男児はダメだとか、
いざと言う時にはビビって何も出来ないなどと言われるのだ!!!(←意味不明)

こういう風が吹いたら沢山獲れた話、さっぱりだった話、人々には様々な噂があります。
都市伝説から、釣り人の噂まで幅広く人間社会に根付いています。

まずは近場の漁師さんやお付き合いのある漁業関係者さんに聞いてみますと、
「海にじゃんじゃんいる魚を無料で獲って市場へ持ってけば金になる。
なんてボロい商売なんじゃ。漁業はいいぞ。はっはっはっ。」というセリフが返って参りました。

いや、もう少しソフトに言ってくれないと。間違っていないけど。
それ以前に話の趣旨が違うじゃんか。漁協の事務員募集要綱じゃないんだから。

そもそも、どういう時に漁獲が多くなるかなどは漁師さんの社外秘の情報。
ユア・アイズ・オンリーを素直に教えてくれることは少ないです。当たり前です。

その後、反省した私は、時間をかけ、数回に分けて訪問した結果、多少のネタを頂きました。
しかし、気の好い漁師さん達の意見はまちまちで、更にはサンプル=取材した方=が少ないため、
統一した見解や経験則が導き難い状況に陥ってしまいました。悩む若き頃の私。

細かな違いは、各々の漁師さんが行う秘密の漁場の違い、周辺海域の人工物の違いに因ると考えましたが、
尤も、漁業のプロは正直に話してくれたのだろうか?そんな気持ちにもなったのも当然でしたが、
この疑問は、聞き取り調査の後、平本紀久雄氏の著作『大船頭の銚子イワシ話』や
若狭高浜の漁師、貝井春治朗さんの著作などにも複数書籍に同様の風向きと結果が掲載されており、
大まかな経験則は全国共通なのか、正しいのだと感じた次第で自信を持ちなおしました。

そう、これは時に前世紀の1991年に遡る話です。

調査は長年に渡る。聞き取り調査を始めたキッカケはクエート?

イラクがクェ−トを侵略、たまたまクェートに出張していて巻き込まれ、
フライデーやら週間プレイボーイに掲載された私でしたが、体調を崩し、その後、1年間休職しました。
1年間も休みをもらえると、多忙だったのに急に暇という感覚がついていけませんでした。

そこで、多くの方と同様に趣味(特に平和的志向のもの)にドップリつかるのですが、
私は釣りでした。そして、より釣果を得るため、プロの漁師さんたちに話を聞いたりしました。

それが最初に書いた冒頭のやり取りです。当時は中部の漁師さんたちばかりでした。
しかし、サンプル数は100程度で、話もまちまち。共通するものを得ることが出来ませんでした。

その後、時が流れ、1995年頃、釣り雑誌に登場し始めていた私は、より広域の漁師さんの話を、
立場を利用して収集し始めました。

放射冷却の朝は釣れるのか?とか、エルニーニョの場合はどうなる?
フェーン現象の場合はどこまで影響があるのか?などなど基本から思いつくまで全てを。
温度差が発生する場合は当然魚への影響が大きいゆえ、漁獲量の差は理解できます。
釣れる・釣れないも、漁師さんの漁獲量も似ています。

しかし、過去と同様に情報が一定せず、地域ごとの経験差が大きすぎて、
全国共通の経験則というものは見つけ難かったです。

更に時が流れ、インターネットの時代。1996年ごろに病院のネット利用の責任者になった私は、
1998年から個人的にネットに参加、サイトを設営して全国の知り合った漁師さんから話を聞きました。

サンプル数も600を超え、噂と捏造、正確な話、時期による話の違いなどに振り回させながら悩み、
そして地域の特殊性・自転による影響・季節ごとの影響も加えて分析すると、何となく出てきました。

ところが、念の為、最近の地元漁師さんにも話を聞きにいきましたところ、
なんと過去の収集した経験則と変わっており、これまた新しく難題に陥りました。
地元の変化理由はセントレア空港が出来、長良川河口堰稼動にありましたが、後に気付いた次第です。

北海道から沖縄までの漁師の経験則、さらに東京湾などの地域を絞った経験則。
細かく見ていくと、同一地域ですら東風が吹くと食いが止まるケースや食いが始まるケース、
そう、同じ地域で漁をする人たちの中ですら逆の話がありまして、厄介やっかい。

それは環境=近くに温水を出す電力会社があったり、元々地域限定で流れている潮流により変わり、
別々の経験則、違った結果になっているのだと思われます。
例外的なものを中心に捉えると、膨大な状態になってしまうでしょうから、基本の考え方を出し、
それを各々の方々が応用し、ご自分のエリアの経験則を導き出すようにしてください。

一方、多くの話はハッタリや捏造、現実は違うのに信じているだけなど切って捨てるのではなく、
収集したデータを偏差値制などの数学・統計を利用し、大まかな全国傾向を導き出しました。
それを集約してみましょう。傾向としての実例(経験則)をあげます。

漁師さんが語る漁獲量・取材結果

地域別の違い、時代による違い、全国から収集した情報全てを合体させ、
風などと漁獲に関するプロ(漁師)の知恵の基本の共通点を整理します。

聞いたことと違う場合は、地域の特性を考慮に入れる必要があります。
地域の特性とは、海水の塩分濃度、水温、地球自転による潮流、別の潮流(赤潮なども入る)、
河川の存在、人工構造物、季節による変化です。これらは気が遠くなるので軽く流してください。

尚、最初に頭に入れておいて頂きたいのは、気圧の高低は多少なりとも水面に変化をもたらす事。
言い換えれば、気圧は月の満ち干きを軽く演出するような影響を海に物理的に与えます。
・・・解り易いですね♪(←難いってばさ)

北ないし北東からの風の場合・・・冬は荒天になる。
数日吹き荒れた後は、それまで普通に漁獲できていた魚がサッパリ獲れなくなる最悪の風。
しかし、チャンスはこの後で、数日経った凪日には大漁が期待できる。絶食していたのだろうか。

南からの風の場合・・・これも最悪の風。魚の活性が低くなり漁は当然ダメな結果となります。

東からの風の場合・・・一番好い風向きです。覚えておきましょう。漁の期待が持て最高。

西からの風の場合・・・冬の荒天の時期でも湾内の比較的穏やかな場所で漁をする好い風。
急に空が暗くなり突風が吹き霰や雷雨になるのがコレ。危険な気配を感じたら漁をきっぱり止めるべき。

春一番・・・3月中に訪れる春の到来を告げる通称”春一番”。後述しますが、理屈があります。
漁にとっては好ましい風になのですが、注意点が多くあり事故も多発する気をつけるべき風。
定置網の豊漁はこういう時にでる代わり、ダメにもなる紙一重な待望のもの。

放射冷却・・・シーンと静まった穏やかな天気において、地表や海と空気の温度差によって、
相乗効果で冷えてしまう効果から、活性が鈍る。魚たちの活性は気温上昇+水温上昇で復活。

普通の雨・・・海水中に酸素が供給され、酸素分子や砂が舞うなどの濁りもでるため、活性が高まる。
但し、温暖な気候の状況での雨という条件があります。

冷たい雨・・・冷たい雨の場合は、次第に水温も下げるので、食い渋りが始まるまでが勝負。
私たちの感覚では”手がかじかむ”感じが判断のコツ。
温暖を好むクロダイ、スズキ、メジナは厳しく、冷水魚系じゃないと無理っぽいです。

風の方向による漁獲の変化の経験則は、海中にいる魚が風そのものを感じることは無いので、
天候の変化(気圧変化)を魚が持つ謎の上生体やウェーバー器官とかの器官で、
敏感に感じ取っているのではないかと思われます。つまり未解明なのです。

まだまだ途上の魚類学が、もっと発展すれば色々と分かってくると思いますが、
兎にも角にも、このような経験則にも学者は耳を傾けることが重要なのでしょうね。

生活をかけている漁師さん。

当然、知識吸収は真剣だ。
長い経験により、その海域での
経験則は貴重な財産となっている。

科学的根拠の考察〜風が起こす海水への影響を探る〜

何故、北と南の風はダメで、東と西からの風は好いのだろうか?
雨なら酸素を海中へ供給するので好い効果があるだろうという事は分かります。
風だと、せいぜい波を高くさせるぐらいが一般的に想像できる程度です。

風が全く吹いていない理想環境を考えてみると、以下の2要素が基本的にあります。
1:地球の自転による潮流。
2:赤道と両極の太陽熱による温度差の海水対流。

これに風が吹く条件を2つ入れます。まだ大陸などの陸地はないものとしています。
1:高気圧と低気圧の差による風向き。
2:等圧線の間隔差による風の強さ。

そして、基本的素材のラストには地域差が来ます。人工物も入ります。
1:各地域の構造による潮流&風速等の個性。
2:人工物(高層ビル・人工島など)による変化。

単純に考えてみると、北&南からの風は、赤道と両極の温度差の基本潮流に影響を与え、
水温変化を大きくさせるのではなかろうか?魚群の移動スピードより早い変化が必要ですが。

ここで思い出してください。

バックナンバーの記事で、水温変化が急に3℃(プラスマイナス)発生すると、
エサ食いに影響が出るという水槽内の再現実験を紹介しましたが、
淡水・海水・熱帯魚・冷水魚の全てで、おおよそ4〜6時間の動きの鈍化が見られました。
就餌行動を科学するを見てください。

更に以前、知床半島のサンマ殺到ニュースの科学的解説をしていますが、
魚種にとって適正温度の影響は大変大きなものです。
ほんの少しの温水を流した東京の河で、ボラが殺到したニュースを覚えている人も多いでしょう。

これらから、北&南からの風は水温変化をもたらし、結果、魚たちは4−6時間の休息が必須、
漁師さんたちの漁獲高に悪影響を与えるのじゃないかと推測しました。
一方、漁獲が高くなる東&西からの風は同緯度での変化のため、水温変化は余り無くOK、
荒れ天候を呼びますが、それが微妙に刺激になって活発化・食い始めるのだと推理しました。

理屈的には中々いいと思いましたが、海水中では複雑で他の要素もありますから、
例=両極の氷が溶けて出来る海水濃度の差なども潮流変化を起こしやすい=
正確なところは実際のデータが簡単に収集できませんでした。う〜む、奥が深いです。

結局、地域によって風向きは違うし、同じ地域ですら近くに山があるなどでも変わります。
もっと取材を進めれば違う結果も出るでしょうが、私の感覚では全国似たようなものとも思う。

オマケとしては……

雷・カミナリ・・・真っ最中に魚群統制の乱れが起きるのか、意外にも漁には好いらしいです。
しかし、こんな意見が多いとはいえ、公表するには勘違い君が出るかもしれないので注意点。
この場合、釣りには良くても、さっさと道具を仕舞って帰宅しましょうね。

防波堤の強風・・・防波堤では風向きも防波堤での設置方向に沿って流れるので、
気温の急変化をもたらす風であれば、水温にも影響するでしょう。
長い竿では釣りにならない強風、アタリが取れないほどの強風なら、
最初は僅かな温度変化が活性を高め食い始めるが、数℃の違いが出た時点で活性が落ち食いが止まる。

虹が出る・・・海面から立ち上る水蒸気や、通り雨の後で太陽光を浴びて聳え(そびえ)立つレインボー。
短い通り雨などでは活性が高まるので、魚群も移動、食いも良くなります。伝説通りのラッキーな現象。

大雨の後の虹・・・大量の雨の後に発生した場合だけは幸運を呼ぶ”虹”とはいえ、釣れないと考えられる。
酸素供給と共に、海水濃度を引き下げ、酸性雨であれば、PHまで上昇させてしまうので(海水はアルカリ性)。
6時間後ぐらいに食い始めるので、潮見表を見てその時の潮加減が良ければ参戦しよう。

温排水・・・電力会社の出す温水を享受する釣り場では、多くが温水の出方次第に支配され、
それに朝マズメ・夕マズメ・電灯の光という要素の明暗が加わります。
雨や風などより、温水が出てなければサクっと諦めるのも一つの手段です。

地震・・・全身感覚器官と異名をとる魚たちは、これが一番影響があります。
直後はパニックに陥り、飛び跳ねるは泳ぎ走り回るは、大変な状況です。
それゆえ好い釣果に巡り合えるかも知れませんが、多くは釣りにならないでしょうね。余震に注意。

海底火山の噴火・・・地震と同様に魚たちに振動の影響と、溶岩から出るイオウなどの化学物質、
その化学物質に対する魚群の走化性により、魚種によって様々な変化が見られます。
上生体の機能が狂うのか深海魚が浅瀬に出て釣れる場合があるので、微妙ですねえ。

冷水塊の張り出し・・・水面下10数メートル、夏には7−8mにある温度差を分断する躍層(やくそう)、
これがエルニーニョの影響か潮流の変化によって表層へ押し出されると、魚は一気に避けて移動、
移動先に居れば爆釣が出来ますし、逆ならサッパリ、予測が出来ず、運任せの現象。

今回、湖や河川などの内水面については考察していませんが、調べて組み合わせれば面白いかも。
長く読まれるバイブルのような書籍が出来るかもしれませんので、調査したい方は御検討してみては?

海と人工物との共存する現代。
海の向こうでは埋め立てが。

セントレア空港でも何でも、
埋め立て人工島ができれば、
潮流や風向きは変わってしまう。

反対派は自然環境だけでなく、
長年の経験則が
リセットされる、
そんな恐れで反対をする人も
当然いらっしゃるでしょうね。

さて、漁師さんの経験則は興味深い応用の話でしたが、ここで問題は、過去、現在、未来で話が変わること。
本来、基本を知らずして色々と語ることなかれ、とはいうものの、基本が導き出しずらい経験則、
更に、温暖化で気象が乱れていることは皆さんもご存知。経験則が役立たないケースが出てきています。

経験則が役立たない!?春の嵐が長くなっている

〜まさに現在、注意!!!〜


漁師の経験則部分に先に書いた「春一番」。これが注意点になりつつあります。
今年は暖冬ニュースが盛んに報道されていますが、そのメカニズムについてを知っておきましょう。
漁師の経験による風向きから来る漁獲への影響、もし風が変わったら?これは我々にも関わります。

冬といえば「西高東低」の気圧配置は皆さんもご存知と思いますが、。
日本の西側に高気圧、東側に低気圧が陣取り、風向きも北寄りから吹きます。これが正常。
3月には時々、春の嵐と言われる突風が吹きますが、それは南から北へ流れる2種類の低気圧、
日本海岸低気圧と太平洋側の南海岸低気圧が、北海道〜オホーツク海上で”合体”して出来るものです。

赤道にある空気が温暖化のせいか早く発達し、南海岸低気圧を北へ押し上げ、
日本海岸低気圧との合体を促します。合体すれば、当たり前だのクラッカーで強くなります。
ところが、今年は既に2月にしばしば合体し、天気の乱れが起きているようで、
これは4月まで続くと推測されています。突如、天気が荒れますし、風向きも変わる。

興味なくても、これだけは押さえておきましょう。

=2つの低気圧の合体

2本の大低気圧が北海道先で合体、巨大化。
通常は3月に発生する気象現象であり、
突風が吹き荒れます。春一番ともいいます。

日本海岸低気圧(緑色)

南海岸低気圧(赤色)

ところが、今年の暖冬により異変が発生中。

     ↓
=今年の暖冬で心配なイレギュラー

2月から起きるようになった合体、大低気圧。
注意しなければいけない状況になっています。

温暖化のせいか南海岸低気圧が押し上げられ
北海道&オホーツク海上で合体が幾度と起きている。

天気予報を見て合体になりそうな場合は、
釣りをする場合、日程を変えるか気をつけましょう。

気象庁では「釣り」や「漁業」などをしないように
呼びかける(だろう)状況です。

気象予報士たちの報告が一部出ているようで、
合体が4月まで延長・続くという可能性が高いとか。

参考までに、温暖化は両極にある雪・氷が溶ける結果、白い地表部分が少なくなり、
太陽光を充分反射できず、熱を地球に入れてしまうので起きると考えられています。

天気図で低気圧が合体しそうだなと思われたら、地磯、沖磯、船釣りは控えるのが賢明で、
渡船などを生業にしている方々へも注意を促すべき話で気をつけてください。
経験則を超える出来事が起きるのが最近の地球の状態ですから。

この号が発売される頃にはシケによる事故が報道されているかもしれません。
これらの理由から春の嵐が起きますし、イレギュラーな突風で事故るメインの原因のひとつです。

こういう注意点というのは中々広まりません。情報が欲しい人へは流れますが、
欲しくない人へは例え重要なことでも耳に入らないのですね。
大事故の原因究明からきた対策とか、津波被害の話とか、釣り人の事故からきた予防方法とか。

ご家族のためにも今年だけは”より”注意ください。
TVなどでの報道で、同じ内容が先行してしまったら、ごめんなさい、ですが。

次回予告。魚類の行動を律する件で考察しなければならないのが大局をも見ること。
そう、古代から続く、海⇒軟骨魚類⇒硬骨魚類⇒淡水へ入る⇒両生類化への大移動。
海から水分枯渇の危険性がある淡水へどうして入ったのか、なぜ陸上へ上がったのか。
こういう生物の大移動(大行動)について私の得意とする分野で語ります。
シーラカンスとかウモッカ…あ、いやいや、大丈夫ですってば(滝汗)乞うご期待。



今月の一手穂先柔らか計画!!!

魚群探知機など秘密兵器を使うネタにすればいいか、釣り人に伝わる笑いを集めるか、
日曜大工で海底のビデオ撮影の方法にするか、考えましたが、これらは暖かい季節にしよう。
クロダイのノッコミが始まっているとはいえ、やはり未だ寒いです。
3月末となり暖かくなってきたとはいえ、海で吹きすさぶ風を受ければダウンジャケットに亀。

せっかく道具を休ませているのだから、少々改造してみませんか?
私がよくやったのは、超敏感仕様の柔らか穂先にするオリジナル・ロッド作り。

以前、ポッキリ折れてしまった穂先を切って接着剤で留める応急処置の竿、
夜釣りの際にウッカリ踏んでしまったり、振り出しを短くする際、水に濡れて硬くなっているのに強引に、
こういう具合に穂先ポッキリを繰り返すと、だんだん短くなってきて、太い穂先になっていく……。
アタリも取り難くなるので、何時の間にか釣果は減っていきます。慣れているので本人は気付かず。

で、私がハタと気付いた時に思わずやってしまったのがヘラブナなどの安いノベザオの穂先を流用し、
ガイドを通して再生する方法。買い替えや、穂先の交換は何故か思いつかず、自作に拘りました。

ガーゼでくるみ、瞬間接着剤をつければ、ヘラ竿だろうが見事に溶け合ってガッチリくっつきます。
合うガイドも用意しましょう。結果、異常に柔らかい穂先のロッドが出来上がります。
大物では弾性力の違いで折れやすくなってしまいますので、小物専用にしてみてください。
面白いようにアタリが取れますし、30cmぐらいのものなら何とかなるでしょう。
35cm以上の魚だと厳しいかもしれませんが、まぁ、それは置いておいて。

兎にも角にも同じ竿だったのに(←ここ重要)穂先を柔らかくすることで、
前とは違うアタリの取り方が出来るようになり、いわゆる上級者風になる感動があります。
私は過去、自作のヘラ穂先流用ガイド付き程度なのにも関わらず、穂先の柔らかさの違いだけで、
「こ、ここまで違うものなのか!!!」と物凄く感動したことは忘れられません。

使い慣れた竿で、穂先を折ったことがあり、そのまま短いのに使っている人には朗報です。
しかし、ちゃんと使っている人はやる必要はありませんので、折った時に思い出してくださいな。

雑魚を目指し、
雑魚に夢中な、
雑魚なら何でも来い、
雑魚は奥深い。

雑魚ハンターの皆さん、
これで小物をゲットです。

水槽で飼育して
貴方の部屋も水族館に。

↑リリース派を気にして…

ガーゼとアロンアルファの応急処置の相性の良さは知る人ぞ知る選択なのですが、
本来、書く側が自信を持たなければ、読まされる読者に失礼だという原稿において、悩む私。
今月の一手は、個人的にはお気に入りの(よくやる)改造なのですが、買い替え促進にブレーキが。



戻る←     表紙     ⇒その13(大局の行動)