御前崎・寒さ凍える釣行記(イシダイ)

←これは4ページの特集記事を書いた!!!
(株)週刊釣りサンデー
週刊釣りサンデー別冊 渓流スペシャル'98
(税別1,500円)


私の個人的な友人で古美術商でもあるリュースケをご紹介しましょう。
彼はパソコンは私同様苦手で文章も一緒です(=下手)。

家業の古美術商を受け継いで今は一人で切り盛りしているのですが、
古いというだけで高く売っていた懐中時計を私にとがめられ、
勉強に勉強を重ねたシルバーセイント級の状態です。

最近はわたしがセーラーもしていたeBayというアメリカのフリマで
「宝捜しをするべし!」とやり方を教え、がんばっていました。
しかし、まだまだ上手くいきません。
ハズレをつかみ過ぎて腐っておりました。

ただ、彼には潤沢な資金がありますので、ビットも半端ではなく、
ダントツの一位の金額を入れるので大体ゲットしています。
それゆえ、当たりは確実、ハズレも普通の値段でゲッチョしてしまうので
端から見ていますと思わず笑ってしまうのですが。

#2000年秋(冬直前)の記事です。

そこで、安いけど写真でしか購入判断できないeBayをお休みさせ、
日本国内での実物を見ての仕入れということでコメ兵での
閉店・新装オープンのセールを誘いました。ちょうど今やっています。
総合リサイクルデパートと大きく変わりますので、今後が期待ですね。
(東京店での勤務をされていらっしゃるHさん、メールありがとうございます)

▲スミマセン。本当に記事が古いです(汗)

ちなみに彼はeBayでは私の4倍はハズレを掴んでいます。

「リュースケ、かなり安いみたいという情報をゲットしたんで、行こまい」

とお約束の心をくすぐる作戦。リュースケはとにかく安ければいいのです。
で、さらに程度も良いことを要求する傾向がありますので
どちらかというとお客にするとうるさいタイプでしょうか!?

安くて程度のいいものは誰もが欲しがりますので
そんなにこの世に存在していませんですぜ。

ところが…

「え〜、寒いじゃん。それにまだ朝の9時ジャン。もう一眠りしたいなぁ〜〜」

というリュースケの言葉。ゆるいっ!ゆるいぞっっ!リュースケ。
君はそれの商売で食っているのじゃないか。

「こんなに美味しいチャンス(=閉店・新装オープン)は、
パチンコ屋のモーニングクラスだぞっ!」

#パチンコ屋のモーニング=パチンコ好きの友人に聞いてね!すごく出ますぜ。

「モ、モ、モ、モーニングッッ」

いきなり声が上ずりやがった。まったく、困ったものであります。
素晴らしい例えが無いと彼には実感を沸かせれないので、いつも大変なんです。

「ということで今日行くか。準備しておいてくれ。」

しかし彼は嫁さんとの約束があって今日は駄目だということだったので、
まぁ、今日の今日だし私も仕入れ資金が無いので家で仕事を続けることにしました。
昼になって仕事の効率が上がって来たころ電話が鳴りました。
電話を取るとなんとリュースケだったのであります。

「御前崎で大型石鯛が堤防から釣れるらしいぞ!行こまい。
しかも、釣り場には入れないほど釣り人がいっぱいだってさ!」

「ちょっと待て!さっきはユルユルモードになって寒いだの、
嫁さんとの約束があるだの言っていたのにどうしたんだ!?
それに行くっていつ???」

「今から」

ゆ、ゆるいっっ!じゃなかった、わがままっっ!
彼は釣りに関しては大好きである。

それにしても釣りの情報は釣り雑誌からだと思うが
寒いのは御前崎のほうじゃないか?
奥さんの約束もブッチしたのじゃないか。

そこで、まさか私をネタにしてブッチということにしているんじゃないかと
聞いてみることにした。

「奥さんの約束はどうしたんだい?」

「あ、そうそう。コメ兵へ行ってその後で勉強会を開くからって言っておいたから、
妻にはそう合わせてね!ウフ」

やっぱり…、ウフっじゃね〜よ〜。

あ〜〜〜リュースケ、君は本職の仕入れの大チャンスよりも
趣味の釣りを最優先にするのね…。

ま、とはいえ、この私も釣りは専門でありまする。
いい石鯛が釣れれば記事を書けるし
「堤防の大型を釣られればカラーグラビアを飾りますからネ」と
釣り雑誌の編集部員に言われていたこともあり釣行を承知した。

もちろん、いいかげん&わがまま、さらに奥さんへの嘘もあるので
運転手はヤツ、リュースケである。4時間近いドライブになるのでラッキーだ。
こういうことは、友人とはいえキッチリしなければなるまい。

私は助手席でぐっすり居眠りを決め込んだ。ウトウトし始めると…

「ねぇ、今日は釣れそうな天気だよ!」と声をかけてくる。

そんなこと現地へ着かないと分からんわい!
しかし、ここは私も負けてはいない。イビキ決め込み作戦である。
下手に返事をすると彼の人生の語りが始まったりして
うるさくてしょうがないので、ここは必要以上に大きな音でいびきを演じます。

さて釣り場につくとものすごい風!!

この状態では寒いし釣り竿に当たる風の圧力も半端でないのでつらい。
堤防には釣れていて釣り人がいっぱいのはずなのに、
数人しか見えない。

やられた!最初の感想であります。

リュースケ「うう、これじゃぁ釣れないよ〜、止めようよ。」

「なんだとぉぉぉお」

う〜む…。彼はまたユルイことをぬかす。

しかし、せっかく御前崎まで来たことだし
私は大型石鯛を釣ってカラーグラビアを飾る話を思い出し、
彼をせかして頑張ることにした。

釣り関係でカラーグラビアはスポーツ報知しか
経験がないんで私個人は結構気合が入るんです。

リュースケはせかさないとすぐにユルユルになるので
急いで支度をさせなければいけません。

…釣り始めて1時間後、ヤツの姿が堤防から見えない。

ン?リュースケ、どこへ行った???

やっぱり車で寝ていた〜〜〜

ヤツのユルさはこれを見てしみじみ半端でないと思った私でした。

PS:初登場のリュースケは一部のメールでのやり取りの方には
既に紳士としてご紹介済みですが、人物像はこういうユルイやつなのです。

釣りの結果ですか?

はい。石鯛の子供一匹(しかも小さなやつ)でした!
リュースケはユルさゆえ、ボウズは当然でしたね。



戻る